FC2ブログ

ONE OUTS 第24話 「陰謀」 感想

「おおきく振りかぶって」「進撃の巨人」「ダイヤのA」「マギ」さらには「福本伸行作品」 そしてアフタヌーンと深夜アニメと野球漫画があればいい↑ 早い話ただのオタクというやつですね。

ONE OUTS 第24話 「陰謀」 感想 


見えてる人間は選べるんですよ・・・・!
見えていることをそのまま知らせること、
見えていないときに見えている振りをすること そして、
見えていても見えていないと装うこと・・・!

         by 赤木しげる


ONE OUTS 第24話 「陰謀」
の感想です。


話に関するネタバレありですのでご注意ください。

1勝1敗のタイで迎えた対ブルーマーズ3戦目。1点ビハインドの九回表、ニセナックルの弱点をついて2塁に進んだ東亜は、相手投手・ウィリアムスが細工ボールを持っていると知り、3塁への盗塁を狙った。サードがエラーすることを恐れ、送球が自然に揺れてしまう細工ボールを投げられないウィリアムス。キャッチャーの沢村は、細工ボールを普通のボールに換えたかったが、マウンド上では視線が集中するため不可能。その結果、東亜は、常識外れのリードを取り、楽々盗塁に成功した。


ONE OUTS 20 (20) (ヤングジャンプコミックス)ONE OUTS 20 (20) (ヤングジャンプコミックス)
(2009/02/19)
甲斐谷 忍

商品詳細を見る


 
渡久地東亜のインチキ封じ最終段階。
「ナックルボール」は打者に対してしか投げられないという性質を利用して
挑発を続けます。


多分これ書くの3回目くらいになるかとおもいますけど
勝負においては、相手のイカサマを見抜くことと同等以上に
「見抜いたことを相手に気付かれないこと」が大事になってきますが

この東亜の露骨な挑発は、その「気づいたこと」をあえて相手に知らせる行為。
それをして相手に情報を与えることで何かを狙っているのでしょうか?

というところでまさかのスクイズ敢行・・・!
これは東亜の狙いは読めましたねw
そしてズバリ、キャッチャーが隠していたボールと取り換えたのを見て、
隠し持っていた方のボールを落としてアピール。

これが
「ホームラン級」の作戦ですね。



審判仕事しろwww


とも一瞬思いますが
そこは東亜のうまさなんでしょう。

レガースのポケットという、主審からみたらうまい具合に死角になりそうな位置にボールがあったからこそあのように敢行したんでしょう。


そしていよいよ、オーナーの姑息な手が始まる。
まあこれは正直皆さん予想できたのではないでしょうか?
これを言うためにいちいちあの取り巻きにリアクション芸させて引っ張るほどのことではなかったと思います。


投手が東亜を狙えば東亜もバット投げる。。


審判仕事しろwwww


バット二回投げたところで審判が退場宣告して規約違反
とかそんなオチでもいいじゃない・・・・


とかバカなこと考えてた私はどうすればいいでしょう。

まあ最終的には東亜が逃げ切りましたけど、何も怪我させるチャンスはバッターボックスだけとは限らないわけで・・・・・・・・東亜は無事でしょうか。


 
最後の最後にきてちょいとテンポが遅くなってきた感じですね。
先週も「もうみんなだいたい分かってるから種明かしにそんな尺はいらない」という風なことを書きましたけど
今週もちょいと中だるみしたかなという感じです。

来週で終わりか・・・・楽しみなようなさびしいような。


にほんブログ村 アニメブログへ

ONE OUTS 20 (20) (ヤングジャンプコミックス)ONE OUTS 20 (20) (ヤングジャンプコミックス)
(2009/02/19)
甲斐谷 忍

商品詳細を見る


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

多重トラバ、誤爆などは気づき次第、対処いたしますのでお気になさらずに。
一部ブログ様に反映されないこともあるようです・・・・


この記事のトラックバックURL
http://hadakanoninja.blog119.fc2.com/tb.php/800-ad52f584

プロフィール

馬鹿侍

Author:馬鹿侍
永遠の理系院生だと思っていましたが、気付いたら会社通いをしていました。というかもう4年目になってしもうた。
オタク、糜男子見習い(?)、ついでに野球人の馬鹿侍(♂)がアニメ感想とか漫画感想とかやらかしてます。

該当話に関するネタバレ、あらすじ紹介とかはありですのでご注意を。

カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
248位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
青年向けコミック
15位
アクセスランキングを見る>>


ブログパーツ