FC2ブログ

おおきく振りかぶって 第66回 「ビクビクとイライラ」 (月刊アフタヌーン 2009年4月号) 感想

「おおきく振りかぶって」「進撃の巨人」「ダイヤのA」「マギ」さらには「福本伸行作品」 そしてアフタヌーンと深夜アニメと野球漫画があればいい↑ 早い話ただのオタクというやつですね。

おおきく振りかぶって 第66回 「ビクビクとイライラ」 (月刊アフタヌーン 2009年4月号) 感想 

 
ラッシュは大人になった
トゥルースは大人になった

ビッケバッケはもう大人だった

多分スクウェアRPG(シミュレーションRPG)でこんなセリフが見られることはもうないでしょうかね。

いきなり関係ない話から入りましたがここで書くのは
別にバハムートラグーンの記事ではなく

月刊アフタヌーン 2009年4月号 おお振り 第65話 「ビクビクとイライラ」
の感想です。

月刊誌だけど、やたらページ数が多いからボリュームは満点なのだ。
・・・・・・進まないけど。

久々に野球チームのメンバーと会い
野球をしてきました・・・・・・ゲームでwww

まあそのあとでちょっとキャッチボールとかノックとかしましたが
やはり体を動かすのはいいですね。

とか小話をしつつ、
当然ながら、今回の話に関するネタバレがありますのでその辺はご注意ください。
よろしければ、続きからどうぞ。




バハムート ラグーン
バハムート ラグーン
(1996/02/09)
SUPER FAMICOM

商品詳細を見る



 

・イライラとビクビクとニヤニヤ
さて、今回はしょっぱなから西浦がメイン。
というか題名から「イライラとビクビク」なんで、だいたいどんな話になるか予想がつくというものですw

阿部たちが返ってきたので篠岡がお出迎え。

「三橋は?」がハモッてしまって篠岡は焦りまくりです。
しのーかかわいいよしのーか(1回目
しかし、篠岡のそんな動揺も華麗にスルーの阿部
助かったとみるか、本当にどうとも思われてないな~と見るかは人それぞれですが
1人でニヤニヤしてた馬鹿がここにw

スコアを見てだんだん顔が険しくなる阿部。
どうやら阿部が榛名がかってるところ見てニヤニヤする日は当分、というか永遠にこなさそうです。

そんな阿部の様子を敏感に察知・・・・・いや、見てたら分かるかw・・・・した篠岡は
三橋にまずかったかな?
と聞きますが

三橋挙動不審すぎw

これは相手が女性だからなのか、はたまた相手が篠岡だからなのか。
まあ先々月だったかどっかにもそれらしい(あくまで「らしい」で終わる)描写はありましたので
篠岡に関して何かしらの感情は抱いているかもしれませんが
あの通りなんで、基本的にそっちの方を考えるのもどうでもいいかなとw

個人的にはその方が面白いと無責任な感想。




そんなことよりここでのポイントは
三橋が「まずくない・・・(?)」とか答えて

千代が「もう嫌いじゃないんだな~」なんて考えているところですよ。



おお振りに限ったことではないですが
この微妙に意識の食い違いが起こっている状況は読者にちょっとした焦れと、
これからどうなるのかという期待を抱かせてくれます。



おお振りの場合だと、ベンチ-フィールド間の微妙な食い違いとか
相手と味方の思惑の食い違いとか結構面白いシーンがいっぱいありましたね。




ひょっとしたらですが
そういう風に解釈してる篠岡の何気ない言葉で阿部が怒ったりとか・・・・そういうのも・・・・・・ないかなあ?
まああんまそっち方面膨らませても・・・という感じもあるので
あくまで
いつか起きたら「そういやそんなのもあったね」と思いだすにとどめましょう。



それにしても二人とも普通に成長してるのかまだ・・・
高校に入った時にもう成長期が終わっているという人は少なくない
というより、平均身長などを調べれば分かる通り
多くの男子学生は中学の三年間で身長が伸びて終わりです

高校では1年時にちょっと伸びるかな、というくらい。
だからこの1年間は本当に大事ですよ。


心理面での成長はまだかな・・・というか戻ってるような・・・。


そして相変わらずよくわからない話をしだす三橋と
ブチギレ阿部さん

人間そうそう変わるもんじゃないとは言いますが、本当に成長しているようでかわりませんね(汗

そこにすかさず割って入る篠岡はさすがマネジ
と意味不明な賞賛を送っておきましょう。


そして「うまそう!」にも慣れた花井。
男子たちはさすがに早食い。
1人残されてムグムグ食べるしのーかでした。
しのーかかわいいよしのーか(2回目


・水泳と阿部とナニ

お前は何を言っているんだ?
自分にまずツッコミ。

とりあえずアレに関してですが


下ネタはうまい人が使うのはいいんですけど
「つまんない奴が安易に連発する」パターンがありますよね

しかし、今回の場合はそのどちらでもなく
何というか、
単純に読んでいて痛々しい。

これです。
本人にその気はないと思いますが


もういいっ・・・・・・!
もう・・・・休めっ・・・・・!
休めっ・・・・・!
ひぐち先生・・・・・・・!!
|



最強伝説黒沢 2 (2) (ビッグコミックス)最強伝説黒沢 2 (2) (ビッグコミックス)
(2003/09/30)
福本 伸行

商品詳細を見る


こんな感じです。


もうちょっと簡単に言うなら
そんなものはコミックスのカバー裏にでも描いて、今はもうちょっと進めようぜ
といったところでしょうかw

さらにもう少し本音を言うなら
せっかくならモモカンと篠岡の水着も見たい
という極めて単純明快かつ底の浅い私の願望が見え隠れします。





・・・・・・・まあでもせっかくだから乗っかるか(コラ

ここからは本気でただシモいだけなので、いやな方はががっとしたまでスクロール。


今回のこれは
バハムートラグーンの
「ビッケバッケはもう大人だった」
に近いものがありますね。と、これを冒頭に持っていくか。

そんなわけで、水谷、巣山もうらやむ三橋ですが

「剥けている=でかい」というわけではない

つまり、大きくないけど剥けてる

これはあれですか

三橋はあんまナニをしないからアレが伸びていないとでも言いたいんですか?




・・・・・ちょっとそろそろ誰かに消されそうな雰囲気なんで自重しましょうか。


なお
「ナニをやりすぎるとアレが伸びる」
というのはあくまで俗説であり
実際にはそのようになってしまうことはないという説が有力なようです。


田島みたいにすごいペースでやらないようにこういう風に脅しをかけるのだ・・・ともいわれますが
こんな風に脅されたことある人多分いないと思いますよww


ま、この辺はデリケートなネタで、それゆえに皆が避けるところでもあるので
慎重に調べる必要があると思います。
私が書いたテキトーなことはあまりうのみにせず、いろいろ調べてみるのもよいかと思いますよ。


割礼は宗教的な慣例でやるのが一般的ですが
最近は先走った親がやっちゃうこともあるのだとか。
その場合本格的な割礼ではなく、もうちょっとマイルドな(何がや)感じだと思いますが


つか
巣山ほっとして拳「グッ」と握るなww












ここまで救いがたい下ネタ。
嫌な人はここまでスクロール










えーと

水泳のところで取り上げるべくはこんな下ネタではなく
阿部の話だったはずではないのかとw


 
というわけで、今更ながら阿部の話。
阿部は理系っぽくもないなあ・・・・
でもなんとなくそういうイメージを持つことには納得。

ちょっと阿部に同調しつつも、普通遠慮するだろ、な花井。
花井はさりげなくこんなところでも田島に対抗心燃やしててよきかなよきかな、でしたね。
どちらかといえば三橋にもシンパシーを感じる沖も見てて面白かった。
なにげに沖はいろいろと経験してますね。
水泳とか。


後は、
田島も普通に成長してるんですね。
彼は今現在一人抜けているので
そのうちその小柄な体ゆえの悩みなんてのもあるかな?と思ったのですが
今のところは順調に成長中。


合宿中という割には
そこまで「猛特訓」って空気がないのがちょいと気になるところです。
別にきびしけりゃいいってもんじゃないけど、これはいつも引っかかるのね。

・・・・別に水谷あたりに脱走してほしい
とかそういうこと言ってるわけじゃないですよ?w



・ARCと榛名とかぐやん

相手は飯能北。
飯能の方の公立校ということで、場所と性質から浅はかに判断するならば
「ベスト8に入った中では」という注釈を付けるならばさほど強いところではないでしょう・・・たぶん。
それでも、ベスト8の相手でコールド勝利というのがどれほどの強さなのかは十分に想像できるというもの。

そして準決勝で投げるのは1年生ながら神奈川の強豪をノーヒットに抑えた
太田川のようです。

あの場面で、1年生が 投げられるうれしさを隠せない

というのはかなり大物の予感ですね。

そして当然7回コールドの報は武蔵野第一にも。
ひょっとしたら観戦したのかな?

生で見せつけられたその実力を前に
榛名の宣言
「明日は最初から投げさせてください」
それに加具山は
「それしかない!」

かっこいいなあ~。
チームの士気上げをよく分かっていらっしゃる。

阿部は「ワンマンチーム」と評しましたが
榛名もそのこと、ついでに言うなら自分の言動がチーム全体に及ぼす影響をしっかりと理解してる雰囲気がありますね。






榛名の姉の「ナオちゃん」も見てみたいところですが
でも多分まんまモモカンになっちゃいそうなんで出てこないんでしょうw

モノローグ・・・・心の中だから色々と遠慮なしw


あーいう人は
自分が投げねーで勝つのと
自分が投げて負けるのと
どっちがいいんだろう?



春の「ARCと一緒のグラウンドに立ってた時は恥ずかしくて~」な加具山ならば
勝ち負けに限らず、もう
「俺はいいよ~」だったでしょう。



あれから意識を変えた加具山
しかし、やっぱりじゃあそれで行けるか?というとそうでもなく
まず間違いなくARC戦で先発したらフルボッコにされるのでは・・・・・・
ベスト8まで残ったチームからコールド勝ちするくらいの攻撃力を誇っているのですから。

だから、
「ARCに勝つ」ということのためには、明日は全部榛名に託すしかない
でもやっぱりどこかで
「最後の夏は投げたい」という気持ちが残っているのも事実・・・かな。

甲子園に行けばそんなんどうでもいい!

榛名の不敵な笑みは何かを成し遂げそうな予感もします。

勝てばすべて正しくなるっ・・・・・!

     by伊藤カイジ

ってやつですね。

もちろんですが
一番悪いのは「自分が投げないで負けること」です。


春ならともかく、最後の夏ならば。
それとも最後の最後は榛名に託して「悔いはない」と終われるでしょうか?
そのことも、結構ポイントになってくるかな。





「一か月待ってこれかよ!」
というのはどっかしらに抱えるもんなので、いちいち言いませんけど
やっぱ言ってしまいましょう。


まあ近代麻雀で月一で描いてる某漫画の進行度と比べればまだいいですけど・・・・ね。

先月


先月は感想をお休みしました。
別に先月の展開がどうというわけではなく

ちょうど学会で論文を発表すべく某所に飛んでいたから・・・・なのですが
こっち帰って来てから読みましたよ。
まあそのあとも修士論文の執筆とかしてたら結局感想の方は書けませんでしたが・・・。


何とも大味な最後だったけど、まあ良かったんじゃないかな?
マックススピードだけ見ると
確かに「怪物」というほどの存在では、「まだ」ないかなという印象でした。


後、
私のパワプロのデータにある阿部のマイライフ(これは単純に名前借りただけですけどね)と、西浦ですが
そのうちどっかに公開するかもしれません。

というかマイライフはまだ完結してない(16年目)から
ちゃんと終わらせようかな・・・・・・
始めたらアキレス腱痛で全治2週間とかいって二軍落ちしてたので、ちょっとブルーな気分になりましたがw


よろしかったらおひとつポチっとお願いします。

にほんブログ村 漫画ブログへ

【02/26予定】 サンデー×マガジン 熱闘!ドリームナイン NDS


明らかに野球やらなさそうなキャラまで出すならもうちょっと手広く
他の雑誌の作品も出せばいいのに

と思った今日この頃

野球やるコナンとかどうなのよw
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2019/04/07 07:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

多重トラバ、誤爆などは気づき次第、対処いたしますのでお気になさらずに。
一部ブログ様に反映されないこともあるようです・・・・


この記事のトラックバックURL
http://hadakanoninja.blog119.fc2.com/tb.php/740-aa64c023

プロフィール

馬鹿侍

Author:馬鹿侍
永遠の理系院生だと思っていましたが、気付いたら会社通いをしていました。
オタク、糜男子見習い(?)、ついでに野球人の馬鹿侍(♂)がアニメ感想とか漫画感想とかやらかしてます。

該当話に関するネタバレ、あらすじ紹介とかはありですのでご注意を。

カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
306位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
青年向けコミック
18位
アクセスランキングを見る>>


ブログパーツ