FC2ブログ

おおきく振りかぶって 第138話 「4市大会 9」 感想 【アフタヌーン】

「おおきく振りかぶって」「進撃の巨人」「ダイヤのA」「マギ」さらには「福本伸行作品」 そしてアフタヌーンと深夜アニメと野球漫画があればいい↑ 早い話ただのオタクというやつですね。

おおきく振りかぶって 第138話 「4市大会 9」 感想 【アフタヌーン】  

 
初見攻略なるか??

月刊アフタヌーン 2018年1月号
おお振り 第138回  「4市大会 9」
の感想です


おおきく振りかぶって(28) (アフタヌーンKC)

   
リリーフ大地
というよりもそれ以上にポイントになりそうなのは
キャッチャー石浪
でしょうね

さてさて、
まずは花井です

速球派と花井は相性いい方なのでは?
とこれは私の勝手な感想

大地はやはり球は速そう
そして野手なのでおそらくですが野手投げでしょう
モーションが早い人もいてタイミングが意外と取りづらかったりするアレです

ってそういえば市原も野手あがりでしたね・・・・

花井はかわりばなの先頭打者という点もあり
待球気味です

ま、相手も荒れてますしね
あわよくば出塁というところでしょう

今月は
「なんでこのタイミングで大地に変えたの?」
という一端が垣間見られる回でしたね

投手交代というのはわずかな心の隙間(麻雀漫画読者脳)

・ピッチャーは身体能力の高い「右利き」の大地
・キャッチャーは野球脳が高く連携もできそうな石浪


単純に投手対打者で考えるならば
まだ市原に一日の長があると言っていいと思います

んが、それだけでは終わらないのが野球というもの

石浪とショート(名前忘れた・・・)の見事な連携プレイ
そして牽制大好き大地君の牽制術
なにより「なんとなく細かいことやってこなさそう」という(西浦ナインがそう思ってたかはわかりませんが)
一瞬のスキを突かれ

沖、牽制死

牽制死は野球の中でも「あちゃー」度が高いですね
もちろんアチャーとならないためのメンタルトレーニングと思いますが

市原は元々牽制をあまりしなかったんでしょうが
それに加えて、彼は左投手でしたので
二塁ランナーに対しての牽制は不利なんですよね


その辺もありかな。
後、サードコーチャーやファーストコーチャーも油断してた・・・はさすがにないか??

この場面、彼らの一番大事な仕事(言い過ぎ?)
はセカンドとショートがベースに入ろうとしているか離れているかをランナーに伝えることですから

ショートの入るタイミングがうまかったんでしょう

そして花井も三振っ・・・・!
これにてチェンジ

うーん、今のところ交替はうまくいっていますねえ

崎玉の攻撃は見所なく終わりです
仕方ないね。

そして西浦の攻撃は田島から
速いだけであれば田島の目はだませない・・・!

野手特有の「投手となんか違う速球」がありますがはてさて。


田島も「速球だけなら」とフラグをビンビンに立てた状態で
待ちますが
そこに来たのは・・・・変化球!!!

このマンガ、カーブだとあからさまに落っこちてくるので
スライダーかな?(大偏見)

カーブは意外と覚えるの難しい(私は投げられないです(半ギレ))ので
素人がまず覚えるとしたらスライダーからかな?
というガバ理論で、ここはスライダーを推しときましょう


虚をつかれた田島、スイングを止めるも・・・アウツ・・・・!

ストレートのコントロールも定まっていませんから

こちらのコントロールも、おそらくは
「うまいこといいところに行った」
というもので
石浪としてはかなりのギャンブルリードだったのではないでしょうか?

しかし結果は最高のところに。

田島も思わず唖然です

多分今後変化球のコントロールが定まらないようなこともあるんじゃないかとは思うんですが
ファーストインパクトとしては絶大

さあどうする西浦

というところで次回ですね


すげーどうでもいいですが

最後の変化球のところだけ声なしでしたが


「ふんっ」って声出さなかったら変化球
とかそんなガバガバな癖ないっすよね??



まあそれだと
逆手に取られたと見せかけて取り返されそうですがww


それにしても
多分大地のフォームが(イッチー以上に)固まっていないからなんでしょうが
投げる時の絵がもうぶれててぶれてて


かなり「パワーで押してる」
感じがしますね、大地

それこそきちんとフォーム固めればさらに飛躍しそう
でも逆に今の荒れまくったフォームがいい感じに幻惑する
なんてこともあるんかもしれませんが・・・・




・おいおい現実の市内大会が今年も終わっちまったぞ

四市大会編が始まるまで
この季節になるたびにおんなじようなこと言ってる私ですが

今年も始まりそして終わりましたよ大会。

前も言いましたけど
現実的に4市合同は無理っすよ
特に浦和と大宮で共同なんてもうry


というわけで
実際の市内大会は四市ではなく旧浦和市内の9つの高校での大会です

・さいたま市民大会南部地区高校野球
・与野・大宮地区野球大会
・岩槻ロータリークラブ杯


現実における「市内大会」では上記のようなのがあって
これが全部合体するようなことがあると、作中の四市大会と同じ範囲、同じ規模になるんでしょう、たぶん。

私は他の大会のことは知らないので
取りあえず「旧浦和市民大会」のところだけ


<参加校> 赤字:公立 青字:私立
<予選Aグループ>
浦和工業
浦和北
浦和東


<予選Bグループ>
浦和市立
浦和西

浦和学院

<予選Cグループ>
浦和県立
浦和商業

浦和実業


浦和ばっかりやんけ!(3年連続3回目)

何年か前は「小松原」があったんですけどねえ、移転しちゃったので・・・・

さて、この大会ですが
今年は

準決勝までの全試合をコールド勝ちで勝利をおさめ
決勝戦(コールドルール無し)も15-4で圧勝した
浦和学院が優勝となりました。



浦和学院硬式野球部のHPにも大会結果書いてあるから見とけよ見とけよ~?



試合結果



旧浦和市民大会
現さいたま市民大会 南部地区高校野球
(市営浦和球場)

<予選Aグループ>
浦和工業  4 - 5 浦和北
浦和北  12 - 5 浦和東 (7回コールド)
浦和東   1 - 3 浦和工業


<予選Bグループ>
浦和西   2 -  7 浦和市立
浦和市立  0 - 14 浦和学院 (5回コールド)
浦和学院 11 -  1 浦和西 (5回コールド)


<予選Cグループ>
浦和県立  8 - 5 浦和実業
浦和商業  5 - 3 浦和県立
浦和実業 11 - 4 浦和商業


各グループ1位の浦和北、浦和学院、浦和実業
各グループ2位中勝ち点トップの浦和県立
の4校が決勝トーナメント出場

<決勝トーナメント準決勝>
浦和学院 11 - 4 浦和県立 (8回コールド)
浦和実業  3 - 0 浦和北
 
<3位決定戦>
浦和県立 5 - 6 浦和北

<決勝戦>
浦和学院 15 - 4 浦和実業




ランキング参加中
よろしかったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

おおきく振りかぶって(28) (アフタヌーンKC)

 
おおきく振りかぶって COMPLETE Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

多重トラバ、誤爆などは気づき次第、対処いたしますのでお気になさらずに。
一部ブログ様に反映されないこともあるようです・・・・


この記事のトラックバックURL
http://hadakanoninja.blog119.fc2.com/tb.php/3505-d1822980

プロフィール

馬鹿侍

Author:馬鹿侍
永遠の理系院生だと思っていましたが、気付いたら会社通いをしていました。というかもう4年目になってしもうた。
オタク、糜男子見習い(?)、ついでに野球人の馬鹿侍(♂)がアニメ感想とか漫画感想とかやらかしてます。

該当話に関するネタバレ、あらすじ紹介とかはありですのでご注意を。

カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
328位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
青年向けコミック
20位
アクセスランキングを見る>>


ブログパーツ