おおきく振りかぶって 第133回 「4市大会 4」 感想 【アフタヌーン】

「おおきく振りかぶって」「進撃の巨人」「ダイヤのA」「マギ」さらには「福本伸行作品」 そしてアフタヌーンと深夜アニメと野球漫画があればいい↑ 早い話ただのオタクというやつですね。

おおきく振りかぶって 第133回 「4市大会 4」 感想 【アフタヌーン】 

 
全力で!

月刊アフタヌーン 2016年10月号
おお振り 第133話 「4市大会 4」
の感想です


おおきく振りかぶって(27) (アフタヌーンKC)


まだ見ぬ実力者、石浪の打力ははたして??

ビデオでは内角をさばいていたように見えたため
まずは様子見

外にボール球を投げますがこれに手を出してきます。
となれば次は内角にカーブ・・・・

動かず・・・・
いや、正確には「ぴくっ」と反応したものの手は出ず・・・・

ここでドカベン的なキャッチャーなら
その「ピクリ」を見逃さず、「こいつ実は内角待っとるやろ」
と見抜いてそのあとも外を攻めるというような展開がありそうです


水島新司お得意の

まあ動いたから狙い球かはまた別の話ですからね

内に入ってくる緩いカーブ
これは狙っていれば手が出てもおかしくないボールですから。
私だったら確実にいちにのさん!で行ってましたねwww

阿部は外狙いかもしれんと内にスライダーを投げたところ
このボールを見逃さずにジャストミート!

壁ドン・・・もとい、フェン直のツーベースです

どかどかという走り方が選手の特徴を表してますねww

さて、続いて眼鏡さんの送りバント

すげー満面の笑みで帰っていくメガネがツボりましたw


そしてイッチーの番です。
ここでちゃんとシチュエーションと相手の狙いを考えているのがいいですね

三橋のボールで左打者から逃げるのはシュートのみ

これも見事に阿部が思惑にハマった形に・・・
再びヒット!

一気にこの回で2点を取りました。

その後も相手の狙い通りに配球をしてしまう阿部ちゃん
最後は相手が疑心暗鬼?になってうまくかみ合ったゲッツーとなりました。

序盤翻弄される阿部は風物詩になるかもしれません・・・なってもしょうがないけどw


とはいえ試合は始まったばかり
西浦の攻撃は4番から!
切り替えて反撃開始と行きましょう!!

というところで


休載っ・・・・!

むむうこれは残念。
2017年7月号からの再開見込みということですが
いいところですからねえ

ちいさく振りかぶってとかちょっとあったらうれしいなあとか思ったり思わなかったり


<甲子園>

唐突にレポート

ここんとこ浦和学院が抜きんでていると言われている埼玉ですが・・・
最近の埼玉は浦学花咲の二強体制

今年の埼玉はこれまで以上に「浦和学院」と「花咲徳栄」の二強体制が強く浮き彫りになっていました。
そんな埼玉を制したのは全国でも屈指のエースを誇る花咲徳治高校
なんせ埼玉大会では37イニング投げて失点は0ですからね。

春に続いて訪れた夏の甲子園でも躍動していましたね。
少し硬かったところもありましたが。

しかし1回戦2回戦を安定した強さで突破。
2015年夏、2016年春に続いて3回連続での出場ですから
甲子園の空気にだいぶ慣れているのかもしれません。

ベスト16、相手は夏の甲子園を制することになる作新学院
両チームとも絶対的なエースを誇るチームではありましたが

1試合のみで中4日で迎える作新学院は当然エース今井を投入
一方
2試合こなして中1日となった花咲徳栄はエース高橋は温存

大会でもトップクラスの両投手による投げ合いを期待した方は多かったと思いますし
ツイッターなどでも「高橋出さないのかよ」なんて声も多かったですね。
しかし、この試合に勝てば次は翌日にいきなり準々決勝・・・こっから先はもう連投連投になってしまいますから、ね

ただ、作新はこれを逃さず猛攻

途中から結局高橋が登板(出すんかいな・・・とは思いましたが)し、見事に相手を封じ込めるも
最初にとられた点が響き残念ながらここで甲子園を去りました。


すでにどの学校も新チーム始動が始まっているころ
はたして次はどのような選手が出てくるのでしょうか


これで埼玉県としては
春勝率 .590(46勝32敗1分)
夏勝率 .504(61勝60敗)
となりました




ランキング参加中
よろしかったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


おおきく振りかぶって(27) (アフタヌーンKC)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

多重トラバ、誤爆などは気づき次第、対処いたしますのでお気になさらずに。
一部ブログ様に反映されないこともあるようです・・・・


この記事のトラックバックURL
http://hadakanoninja.blog119.fc2.com/tb.php/3438-5c16abb7

プロフィール

馬鹿侍

Author:馬鹿侍
永遠の理系院生だと思っていましたが、気付いたら会社通いをしていました。というかもう4年目になってしもうた。
オタク、糜男子見習い(?)、ついでに野球人の馬鹿侍(♂)がアニメ感想とか漫画感想とかやらかしてます。

該当話に関するネタバレ、あらすじ紹介とかはありですのでご注意を。

カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
397位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
青年向けコミック
17位
アクセスランキングを見る>>


ブログパーツ