おおきく振りかぶって 第122回 「田島の」 感想 ~開幕版~ 【アフタヌーン】

「おおきく振りかぶって」「進撃の巨人」「ダイヤのA」「マギ」さらには「福本伸行作品」 そしてアフタヌーンと深夜アニメと野球漫画があればいい↑ 早い話ただのオタクというやつですね。

おおきく振りかぶって 第122回 「田島の」 感想 ~開幕版~ 【アフタヌーン】 

 
アフタのkindle版がしばらく落とせないので久々にモノを買ってしまった

月刊アフタヌーン 2015年 9月号
おおきく振りかぶって 第122話 「田島の」 
の感想です


開幕版です。

決定版は出たり出なかったりですが
今回に関していえば正直あまり量を書ける状況にないので決定版はそのうち出てくると思います

ネタバレありです
ご注意ください



 
・田島の?

なんなの?
ベッドの下の何かなの?


・欲求不満の球児たち

部活ができないと不満ですよね
と言ってもテスト前は素直に部活抜きにしてくれた方がうれしかった馬鹿侍ですが汗


これは教師側にも事情がありますね

生徒が帰った後も当然仕事します
もちろん夏休みなんて社会人並くらいにしかないでしょう

その上さらに部活(体育会系)の顧問なんて引き受けちゃった日にゃあ

休日も朝早くから出て遅くまで
生徒たちが帰った後は自分の仕事を

きついから休ませてとお願いしても
保護者の怒鳴り込みが待っています(さすがにないかい?


試験の一週間前、二週間前からは部活がなくなりますが
「学生の本分は勉強なんだし、試験前くらいちゃんと集中して勉強しろ」
という意味合いとは別に
教師の体が持たないという側面もありそうです

顧問抜きで部活やったって、何かあったら結局責任ですからね。

と延々顧問トークをしてみましたがまあそれはいいや


・走ってきた

三橋の家、駒場あたりちゃいまっかねえと思ったりしてたんですが
距離だと3km程度
朝のジョグとしてはアリ??

「お前がしたいなら
 した方がいいに決まってる」


これねえ
わりと名言だと思うんですよ

ただ、こういうところあるから
「田島のコントロールは難しい」んですよね

田島家でいろいろトレーニングすることになりましたね。

・見沼代用水

旧浦和市民であれば
小学生の時に確実にならう
見沼代用水と井沢弥惣兵衛

浦和の東側は見沼代用水(東西)とそれに囲まれた芝川が走っています

見沼代用水から芝川に向かって水が流れるという仕組みにもなっていて
見沼田んぼと言われる広大な緑地空間を潤します。

もともとの目的が「それ」
なので
見沼の「内側」は大雨が降れば水浸しです。

そして浦和西・・・・というか西浦か、は
校舎や第一グラウンド、テニスコートなどは見沼代用水の外側、
西高坂の裏にありますが

第二グラウンドは代用水を渡った「内側」にあります。
なので雨が降るとお察し状態になります。

そしてこちらには基本田圃とかしかないので

今は知りませんが

私が子供のころくらいは

夜になるとガチで暗いです
夜道はくらいから危ないとかそういうレベルじゃなく真っ暗です
懐中電灯必須です


そういうところは意外と多いと思いますが
浦和くらいでも(なんだくらいでもって?ってのは置いといて)
こういうところはあるのです

・・・・今は知らんよ?
というか
さいたま新都心ができてから、見沼田んぼからよーく新都心のビル群がみられるようになりましたから。



・・・・今回ここまでおお振りの感想をちゃんと書いてないことに気付いたのでそろそろ


・レンとゆうくんとコースケとあべや

田島の家は大家族だけあってかなり大きいです
田島と三橋は実は秘密の特訓?をしていたわけですが

いよいよそこに阿部と泉も合流です。

プライベート、というは田島家では名前で呼び合っている様子
ちょっと疎外感を感じて追いつこうとする泉がいいですね

というか三橋と田島の呼び方に驚く泉の顔芸がww

しかし三橋とは相変わらず微妙にかみ合わないw


阿部父が振ってきた下の名前呼びがこんなところにつながるとは・・・・・

あと阿部よ
田島を放置してるとガチで「あべや」で決定しちゃうから気を付けるんやで


そのあと、
田島家一同がどんどんギャラリーとして入ってきて
野球好きのオヤジ顔負けのトークを繰り広げますw

なるほど、これは名前呼びが定着しますねw


「迷惑になるから」
と止めた花井が今度は疎外感を受けるパターン来るで?



とはいえ
描写されてる限りだと
まだ三橋が「タカヤ」と呼んでいるシーンはありませんね
これは早く見たいんだぜ

なんとなく君付けにはなる気がしますが



後はアレだ

阿部が「探検してぇ」とか言い出して少しほっこりしました。
そうね、まだまだそういう年齢ですよ

・ことは深刻

そんなニヤニヤポイント満載の今回ですが
実は結構深刻です

三橋のコントロールが戻らなかったら・・・・

なんかそれでもどうにかなりそうな気がしなくもないですが
でもやっぱり彼が彼であるためには
あのマンガ的コントロールを取り戻せるのか!?

四市大会は中間終わって少ししたら(現実通りなら)だぞ!

気になる気になる


ランキング参加中
よろしかったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

多重トラバ、誤爆などは気づき次第、対処いたしますのでお気になさらずに。
一部ブログ様に反映されないこともあるようです・・・・


この記事のトラックバックURL
http://hadakanoninja.blog119.fc2.com/tb.php/3340-f8ac82fc

プロフィール

馬鹿侍

Author:馬鹿侍
永遠の理系院生だと思っていましたが、気付いたら会社通いをしていました。というかもう4年目になってしもうた。
オタク、糜男子見習い(?)、ついでに野球人の馬鹿侍(♂)がアニメ感想とか漫画感想とかやらかしてます。

該当話に関するネタバレ、あらすじ紹介とかはありですのでご注意を。

カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
474位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
青年向けコミック
20位
アクセスランキングを見る>>


ブログパーツ