【アフタヌーン】 おおきく振りかぶって 第116回 「埼玉県大会 14」 感想 ~決定版~

「おおきく振りかぶって」「進撃の巨人」「ダイヤのA」「マギ」さらには「福本伸行作品」 そしてアフタヌーンと深夜アニメと野球漫画があればいい↑ 早い話ただのオタクというやつですね。

【アフタヌーン】 おおきく振りかぶって 第116回 「埼玉県大会 14」 感想 ~決定版~  


俺が決定版を書くとは思わなかったでしょう
私もいつもの書く書く詐欺だとおもってました


アフタ2月号
おおきく振りかぶって 第116話 「埼玉県大会 14」
の感想

決定版!
です
ネタバレありですからね、お気をつけて、ですよ

開幕版はこちらだ!

1.前説:思い出しました!
2.本編:おお振り 116回 「埼玉県大会 14」 決定版
3.後説:特別妄想「四市大会」とは?



なんとなくお分かりかと思いますが
前説と後説は
「24巻の感想」のものと同じです
すんません

おおきく振りかぶって(24) (アフタヌーンKC)おおきく振りかぶって(24) (アフタヌーンKC)
(2014/12/22)
ひぐち アサ

商品詳細を見る



 
1.前説:思い出しました!


リサイクル書店ポパイ・・・!
リサイクル書店ポパイ・・・!
リサイクル書店ポパイっ・・・!

 
いやあ、キセキってのはこういうことを言うんですねえ。

何って
浦和西高校の目の前に「あった」リサイクル書店の名前ですよ

いやー
私が子供のころは、中古マンガとか中古ゲームとか中古CDとかを
よくここに買いに来てたんですよ。

中学生の頃とかね、限られたおこづかいの中では非常に重宝したんです
他にも古本屋はありましたけど
高いところは高いし、安いところは・・・状態が悪いし、でね。
だから近くて品揃え豊富でリーズナブルなこのお店は非常にありがたかったんです


今は。。。。というかもうだいぶ前になくなっちゃったんですよ。
で、今は「ペッツタウン」というお店になっているんですね。
ペットのお店です。

そして、いつしかこのお店の名前、忘れちゃったんですよ。
何年か前くらいに実家に帰ったときに
「そういえば昔浦西の前に古本屋あって・・・」
って思い出したんですけど、どうしても、どうしてもお店の名前が思い出せない
(まあそんな本気で思い出そうとしてなかったんですけど9

それから実家に帰るとふと「あ~あの古本屋なんだったかな~」と思い出すように・・・・・

そうこうしているうちに
まさに馬鹿侍に電流走るっ・・・・・・!

小○原「思い出しました!」

一本線がつながる快感ってのはこれのことを言うんですね。
そうですよ、「リサイクル書店ポパイ」ですよ。
この本屋は私をオタロードに引きずり込んだ店ですからね、忘れてはいけないんですよ

「何がきっかけで思い出したの?」といわれても本当に「ふと思い出した」っていうすごい不思議な感覚なんです
なんとも説明しがたいですね。

という感動をどっかに書いておきたかったというそれだけですw


じゃあ本編いこう



2.本編:おお振り 116回 「埼玉県大会 14」 決定版

いきなり言い訳するとですね
決定版書こうとすると「そんなに開幕版から書き足すものないな」って思っちゃうんですよ。

だからね(超絶言い訳

まあそんなのは置いといて
今回の話から行きますよ。


お母様陣からの始まり

「二番手投手に代打を出す」ということの意味をしっかり理解している花井母と阿部母
このお二方は相変わらずです

他の保護者の皆々様がピンと来てないのも相変わらずです

しかし、なんだかんだで試合を見に来てくれる
そしてサポートもしてくれるあたり、いいですよね

この辺はもともとの性格もあるでしょうが、モモカンの人心掌握術もあるのかもしれません。
前も書きましたが
試合中の「戦術」は正直裏目に出るところが多いと感じるのですが
こういう戦力や環境を整える「戦略」はなかなかもものだと思いますよ>モモカン


・・・え?
別に
「学生の本分は勉強でしょ!朝から晩まで部活とかけしからん!」
とか言い出すママンがそろそろ出てきてもいいじゃないとか
そんなことは思ってないですよ?


そんなキャプテン的展開は待ってないですよ??

そろそろ試合を見に来てほしい人がいるのもまた事実ですがね。


・選手投票で選ばれたバント職人

選手投票で選ばれたバント職人というのも面白いですね。

作中でもありますが別にバントが必ずしも悪ではないですからね
ただ、千朶の性質上なかなか使いづらいということだったと

まあある意味秘密兵器にはなる・・・のかな??



・わかったか?一年


和さんといい矢島といい
阿部の一年らしい未熟さを見てうれしくなるのか懐かしくなるのかなんなのかわかりませんが

なんかみんな楽しげにツッコミますよねw

さて、そんな阿部のうかつさですが
一応言っときますが

阿部がうかつなのはボールを落としたことじゃないんですよ

私の考えなので
まあご意見とかありましたらまた。




阿部がうかつだったのは
落ちるボールを捕れなかったことではないと私は思います(二回ry


もちろん捕球するのがベストなんですが
あの場面で悪いのは「後ろにそらす」ことなので
ちゃんと「体で止めて前でおとした」阿部はまだいいんです。


問題はそのあとで
落ちたボールをつかみに行くときに
ランナーの存在を頭から飛ばしてしまっていたことです



当然走塁意識の高い千朶の走者がそれを見逃すはずもなく・・・
挙句になんかご指導を喰らったりしちゃったりしてねw

とか私は思ってたんですが
そのあとの「落ちるボールは投げづらい」云々の話を見ると
単純に捕れないことが問題という話の気も??


・反省も後悔も 試合が終わってから

こういう時の三橋のメンタリティはすごい
「打たれ強さ4」どころの騒ぎではありませんよ。

今回はエラーが絡んでるんで
自責点にはなりません(防御率は上がりません)が
まあ試合やってる方としたらそんなこと言ってるばあいじゃないですよね。

一死、四点差
そして相手はエースがスタンバイ

相手も「一気に行く」気満々の気合の乗りっぷり

これでもかというくらいのネガティブ要素が満載ですが



今回はただただ
試合が描かれた感じ

キャラクターが動き始めるのはこれから。。。。かな??



3.後説:特別妄想「四市大会」とは?


さて、
おおきく振りかぶってでは秋大会が絶賛進行中ではございますが

抽選会のあたりから気になるワードが出てきたんじゃないですかねえ?
気にならないと言われるとこの後が続かないので嘘でも気になると言ってください。


西浦のメンバーがちょこちょこと口に出している
「四市大会」
というやつですね。

秋大会が始まるあたりくらいから、言及されることが多くなったようですが
「いったい四市大会とはなんなんだ!?」
「秋の大会の後に何かが始まるというのか!?」
という動揺の声もあるかと思いますので(ねーよ

私なりに
「まあこんなんかな」ってのを考えてみましょうか



<本命>
四市とは、作中がさいたま市合併後か前かによらず浦和、与野、大宮、岩槻の四市(現さいたま市)
ただしその中の野球部門は四市全部ではなく、旧浦和市の高校(おそらく10校程度)が参加する


<対抗>
四市とは浦和、与野、大宮、岩槻のこと?それともさいたま市+3市のこと?
でもどっちにしても四市大会は
さいたま市全域の高校(おそらく25校程度)が参加する・・・これはとんでもないことになるぞ


<大穴>
スケールはでっかく!さいたま市+3市での大会じゃーい!!
南部地区という意味ではさいたま市、戸田市、川口市、蕨市やな
参加校は35校くらいになるぜよ!?もう何が何やら。


<その他>
現実なんてくそくらえやっ・・・・!さいたま市合併なんてなかったんや!
もともと文教都市の浦和と商業都市の大宮とは仲が悪かったんや!
四市ってのは浦和、川口、蕨、戸田のことなんじゃ!
(川口とも大概ですがそこは目をつぶる方向で)




結論からはこんな感じですが
それに至るまでのグダグダはここから始まります。
ではどぞーーー



まずは、作中で明確になったことだけを抽出してみましょう

<作中で明らかにされていること> 
・四市合同で行う市内運動会の中の硬式野球部門である
・予選リーグと決勝リーグが存在する
・前年優勝校は予選リーグは免除で決勝リーグからの参戦となる
・前年優勝校はARC高校である
・千朶高校は出場しない


いくつか「これはもう自明やろ~」ということはありますけど、とりあえずは本当に明らかなところだけ
それに合わせて、下の2点についてお話してみましょう。

<知りたいこと>
1.現実にはどんな大会があるの?
2.作中ではどんな学校が出てくるかな?



長くなるからな~
いつものことだけれども


(1)現実にはどんな大会があるの?

やはりまずは事実を知らねばなるまい!
事実を大事にするマンガであるからこそ、現実の大会を考慮せねばなるまい!

というわけで実際の「市民大会」ってやつをちょっとだけ語ります(ホントにちょっとだけか・・・・??)


だいたいどの地域でも秋大会の後くらいになります(10月~11月)が
地域のロータリークラブや野球連盟、自治会などが主催の大会です。

春大(西浦は県大会を観戦しました)、夏大(ベスト16までいきました)、そして今やっている秋大などなど
高野連主催の大会ではありません。
規模としては小さな(だいたい10校前後が参加するパターンが多いですね)ものです

ですが
年内最後の大会で、練習試合を除くならば最後の試合の機会ということなので
気合を入れて来る高校ももちろん多いですね。



埼玉県内にもいろいろな場所でこの「市内大会」が開かれています

その中に
こんな大会があるんですね。


「四市高校野球大会」


おお、これぞまさに「四市大会」!?

・・・・いやいや、
ここに参加しているのは浦和の高校ではなく東部地区の四市
草加市、三郷市、八潮市、吉川市
の高校が参加している大会です。
だいたい10校弱ですかね。

これもまた11月に実施される大会ですね。

埼玉で「四市大会」というと一般的にはこの大会を指します。
これには浦和の学校は出ていませんね。



じゃあ浦和の学校は?
なんか別の大会に参加してるの?


ええ、そうです。

現実において
浦和の高校が参加している「市内大会」
それは

さいたま市民大会南部地区高校野球(旧浦和市内大会)
これだっ・・・・!

その名の通り、さいたま市民大会の中の硬式野球大会ですね。


概要はこんな感じです。

・参加高校は9校、もしくは10校 
 さいたま市の南区、浦和区、緑区、桜区(つまり旧浦和市)の高校が対象
・予選リーグは3ブロック、3校ずつに分かれて総当たり戦を実施
・決勝トーナメントは3ブロックの第1位チームとシード校(前年優勝校)の4校で実施
・9校参加(※1)の場合シードは用意せず、最後の4校目は予選リーグを突破できなかった6校で
 「敗者復活戦」を行い勝者が参戦


ホントは「話題2」で書こうとしましたが、ここまでわかってるので書いちゃいますけど
おお振りでいう「四市大会」にかなり近いルールですね。

少し違うところはと言えば、
「決勝トーナメント」ではなく「決勝リーグ」であるということでしょうか。

どこまでやるかは置いといて
元ネタとしてはかなり近しいものになりそうですね。



ちなみにっ・・・・・・!


2014年の結果はこうだっ・・・・!!


2014年 さいたま市民大会南部地区高校野球 
(予選L:11/13~11/16、決勝T:11/22~11/23)

・出場校
・予選リーグ
Aブロック:浦和商業、市立浦和、浦和北
Bブロック:小松原、浦和西、浦和実業
Cブロック:県立浦和、浦和東、浦和工業

・シード(前年度優勝校)
浦和学院


・予選Aブロック

浦和商業高校  5 - 12  市立浦和高校
市立浦和高校  9 - 5  浦和北高校
浦和商業高校   3 - 6  浦和北高校

1位:市立浦和高校
2位:浦和北高校
3位:浦和商業高校


・Bブロック

浦和実業高校  1 - 1  小松原高校
小松原高校  11 - 1   浦和西高校
浦和実業高校  7 - 0  浦和西高校

1位:小松原高校
2位:浦和実業高校
3位:浦和西高校


・Cブロック

浦和東高校  5 - 11  県立浦和高校
浦和工業高校  8 - 0  浦和東高校
浦和工業高校  0 - 3  県立浦和高校

1位:県立浦和高校
2位:浦和工業高校
3位:浦和東高校



準決勝
浦和学院高校(シード校:前年度優勝校)  11- 0  小松原高校(Bブロック代表) (5回コールド)
県立浦和高校(Cブロック代表)  2-1  市立浦和高校(Aブロック代表)


3位決定戦
小松原高校  0-6  市立浦和高校

決勝戦
浦和学院高校  15-3   県立浦和高校

優勝:浦和学院高校


(※1)神宮大会と日程が重なる場合とかで参加しない高校がある場合9校となる
    具体例を挙げると、
    浦和学院が秋の関東大会で優勝した場合、神宮大会に出場するので
    市内大会には不参加となり、9校での対戦となったり
    (ちなみに今年も浦和学院は秋の関東大会で優勝してましたけど
     日程がちょっとずれてるので市内大会にも参加してましたね)



まあこんな感じでござんすかねえ。



というリアルの話をおいておいて
今度はもう一つの話題にいきましょう






(2)作中ではどんな学校が出てくるかな?


前提を決めてから話をしまーす

<前提>
1.予選リーグがあるほどには参加校はいる
2.市民大会なのでそこまで大規模な大会ではない


1についてはもういいでしょう。
さすがに予選リーグまでやっておいて「参加校は4校でーす」ってこたーないでしょうからね

2については「ええやん、これマンガやで?マンガのなかでくらいビッグな大会にしようや」
と言われればまあその通りなので絶対こうだ!!というものではないですが・・・・・
本命ではないですね。
日程的にも、それから運営規模的に考えても・・・・ね。

予選、決勝共にリーグ戦ですから
各リーグとも4校参加ってのが限度かな?


という印象です。
決勝はシード枠がありますから
予選4校×3ブロック+シード校(ARC)で13校
これが最大値な気がしています。

・・・・・えーっとですね
お分かりかとは思いますが
この時点で答え出てるんですよww

なので本命を語りつつも妄想は尽きないスタイルで行きましょう(錯乱中)




というところで話変わります(コラ



寄り道疑問「四市大会の四市ってそもそもなんじゃろか」


「浦和市」なんだろか?「さいたま市」なんだろか?
うーん、原作を隅から読めばどっかに「浦和」とか「さいたま」とか出てきてれば、と思ったのですが
実家にある単行本もあって今すべてを見返せないんですよね、これは不覚!

とりあえず考えから

説1:おお振り世界ではまださいたま市合併前である
   ゆえに「四市」とは今のさいたま市である「浦和市」「与野市」「大宮市」「岩槻市」のことである

説2:おお振り世界でももちろんさいたま市である 
   しかし、(現実世界でもそうであるが)随所に過去の名称などは残っている。
   ゆえに「四市」とはやっぱり「浦和市」「与野市」「大宮市」「岩槻市」のことである

説3:おお振り世界ではさいたま市である。
   ゆえに「四市」とは「さいたま市」+残り3市での「四市」である



どの説もありかと思いますが
個人的には説1もしくは説2を推したいですね。

さっきからくどいほど抜かしてますが
市民大会ってあんまり大規模にできるものではないですから。

ちなーみに~~
おお振り連載開始時にはすでにさいたま市ですが
その時には浦和、与野、大宮でさいたま市でした

その後しばらくしてから岩槻市が参入し4市でのさいたま市となりました。





話を戻しましょう


話の都合上
四市大会をさいたま市全域での大会と仮定してとりあえず進めちゃいましょう


でもね、ここで一つ言いたいのは

『「四市大会』という名前であっても、その中の野球部門に四市の高校が参加するとは限らない
ということです

これは現実においても
「さいたま市民大会」と言いつつも
硬式高校野球の部は「南部地区高校野球大会」(←旧「浦和市民大会」)として実施されているわけですからね

ちなみに
旧岩槻市エリアは岩槻ロータリークラブ杯・岩槻区内高校野球大会(2校+連合チーム)
旧大宮市、与野市エリアは与野・大宮地区野球大会(13校)

というのがありますね。

さいたま市合併後もずっとそれぞれ個別で動いていたんですねえ。

さいたま市全域で大会を開くと単純計算で25校+αになっちゃいますから
トーナメント形式にでもしないとさすがに厳しいですよ。





というもろもろを踏まえると
10校程度、多くて13校くらいが限度かなと考えると

<本命>
四市とは、浦和、与野、大宮、岩槻の四市(現さいたま市)である。
(合併前か合併後かはあまり関係ない。合併後でも旧名称が残ってることはいくらでもあるため)
ただしその中の野球部門は四市全部ではなく、旧浦和市の高校(おそらく10校程度)が参加する


これが本命なのかなあ
って感じるんですよね。

じゃあこの時に出場するのは??
なんか名前のある高校が??
って考えるわけです、次に。ようやく。







で考えるとね

そんなに強豪校なんてあっちゃこっちゃにあるわけではありませんから、
(現実で各地域で行われている市内大会でも、「強豪」と言われる高校が二校以上参加するようなところはありませんから)
基本はARC一強体制になりそうです。



しかーし



忘れてはいけませんよ

浦和総合高校の存在を

武蔵野第一との戦いで榛名さんにほぼ完璧に抑え込まれてしまったことで
なんとなく実力にケチのついた感がありますが
甲子園出場経験ありの高校です。しかも今は落ち目とかそういうわけでもなく
「甲子園に出てからずっと強い」高校であります
浦和総合といいつつ千葉の「東京なんちゃら~」みたいに実は浦和の学校じゃなかったなんていうそんなオチはないと思うので、信じましょう

ええ、現実の浦和西高校とかも別に浦和の西にはないけどね?
でもあれは移転前が別所(浦和の西のほう)にあったからなんやで

という話は置いておいて
この浦和総合高校もなかなかの強豪

花井も「ARCとは決勝リーグから」とか言っておいて
あっさり浦総と同グループを引いてくるとか、そういうオチもアリかなと思いました


結局グループ分けどうなったんだろう??
と思いつつね。



後は基本的には現実的ではないかな?と思いつつも
「マンガやで、堅いこと言うなや」って気もするのでいろいろとあげておきます。

<対抗>
四市とは浦和、与野、大宮、岩槻のこと?それともさいたま市+3市のこと?
でもどっちにしても四市大会は
さいたま市全域の高校(おそらく25校程度)が参加する・・・これはとんでもないことになるぞ


すでに
リーグ戦を組めるレベルではありませんが、まあ気にするなって感じでここまで広げると
色んな高校が参入してきます

もっとも本当に「強豪!」って感じの高校はそんなにはないですけど。


新人戦で武蔵野第一を破り地区大会のシードに滑り込んだ大宮寿
そして岩槻西
あと、明確に描写があるわけではありませんが
桐青の後で闘った崎玉なんかも入ってきますね。多分。

<大穴>
スケールはでっかく!さいたま市+3市での大会じゃーい!!
南部地区という意味ではさいたま市、戸田市、川口市、蕨市やな
参加校は35校くらいになるぜよ!?もう何が何やら。



そんな市民大会あってたまるかーい!
というツッコミが入りそうですがええんやええんや

この場合、
戸田の高校も入りますし
多分ですが
武蔵野第一だって対象になりますよ??

さすがに現実的ではないですけどねw


ちなみにさらに現実的ではなくなりますが
さいたま市は春日部市とも隣接してますから・・・・ひょっとしたら春日部市立と??

・・・・ないっすね、すんません

北に行けば上尾商業もありますが、これもねえ。
東に行くと今度は越谷中央がありますか。

あんまありえない感じの話をするのもやめますか。


<その他>
現実なんてくそくらえやっ・・・・!さいたま市合併なんてなかったんや!
もともと文教都市の浦和と商業都市の大宮とは仲が悪かったんや!
四市ってのは浦和、川口、蕨、戸田のことなんじゃ!
(川口とも大概ですがそこは目をつぶる方向で)


まあないです。

私が子供のころ(合併話が出たころ)は
「そもそも埼玉は市が細かくあり過ぎるんじゃ 別に埼玉市でええやん」
と思っていましたが
やっぱり文化の違いというか

浦和と大宮って結構違うんですよね
当時の先生とお会いしたことがありますが

振り返って曰く
「教育レベルの均等化のために浦和と大宮で教職員の移動が積極的に行われたが
 教育レベルに想像以上の差があってびっくりした」
とか
また、そこから来るしがらみとかも結構あったようで

逆に大宮にすれば
「浦和とかwww 新幹線どころか特急もとまらんような駅が県庁所在地とかwwww」
てなもんだったでしょうし

ことは単純じゃないみたいですね。

ちなみに川口ともあんま・・・・みたいですねw
その川口は、鳩ヶ谷とひと悶着あったうえで合併しましたが。



<どうやっても交わらない人たち>
でもね、すでに「対戦しない」と明言されている千朶
美丞大狭山、桐青、嵐山、大井北、などなど
作中で出てきた「強豪」たちは

だいぶ北だったり西だったりにあるんですよね。
さすがにこの高校たちとの距離は遠い・・・たぶん「日農大附」も。

というわけで


市民大会をもし書くとしたら
予選リーグはあっさり抜けるか浦和総合との戦い
とかですかね??



最後にちなみに
上の高校がある西部地区ですが、現実ではあまり市内大会とかはないらしく・・・・

唯一あるのが
所沢市高校野球大会で
これは5校によるトーナメント形式ですね。

会場は所沢航空記念公園野球場・・・・・・いい球場ですねえ
(なんて、私が知ってるのは軟式野球専用だったころ(バージョンアップ前)の所沢航空記念公園野球場でしたけどねw)




ランキング参加中
よろしかったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

おおきく振りかぶって(24) (アフタヌーンKC)おおきく振りかぶって(24) (アフタヌーンKC)
(2014/12/22)
ひぐち アサ

商品詳細を見る


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

多重トラバ、誤爆などは気づき次第、対処いたしますのでお気になさらずに。
一部ブログ様に反映されないこともあるようです・・・・


この記事のトラックバックURL
http://hadakanoninja.blog119.fc2.com/tb.php/3231-c013d6da

プロフィール

馬鹿侍

Author:馬鹿侍
永遠の理系院生だと思っていましたが、気付いたら会社通いをしていました。というかもう4年目になってしもうた。
オタク、糜男子見習い(?)、ついでに野球人の馬鹿侍(♂)がアニメ感想とか漫画感想とかやらかしてます。

該当話に関するネタバレ、あらすじ紹介とかはありですのでご注意を。

カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
339位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
青年向けコミック
10位
アクセスランキングを見る>>


ブログパーツ