【アニメ】 ダイヤのA 第51話 「決戦開始!」 感想

「おおきく振りかぶって」「進撃の巨人」「ダイヤのA」「マギ」さらには「福本伸行作品」 そしてアフタヌーンと深夜アニメと野球漫画があればいい↑ 早い話ただのオタクというやつですね。

【アニメ】 ダイヤのA 第51話 「決戦開始!」 感想 

 
ラッキーな勝ち方でも泥臭い勝利でもなんでもいい
俺はあいつらを甲子園に連れて行ってやりたい


ダイヤのA 第51話 「決戦開始!」 
の感想です


ダイヤのA(18) (講談社コミックス)ダイヤのA(18) (講談社コミックス)
(2009/11/17)
寺嶋 裕二

商品詳細を見る


今回の原作パート



 
前回の回想で

1年のころの純さんが想像以上に栄純だったことと
1年のころの哲さんがそこはかともなく降谷だったこと(純さんとの組み合わせのせいもありますがw)
1年のころの貴子先輩が想像以上に春乃だったこと(純さんとの組み合わせのせいもありますが(二回目))

が明かされたわけですが
あの回想シーンがあってこそ、今回の試合が生きるというものです。



・新オープニ・・・・あれ

どうやら来週からのようです。
残念・・・というのはこのOPに失礼かもしれませんが、やっぱり楽しみにはしていたので
どぅーい!どぅーい!も丹波の美ケツ
もこれで見納めですか

・スタメン発表

先発は降谷!
ホクホク顔の降谷がかわいいww
そして坂井先輩のところに門田先輩が。

確かに坂井先輩、あまり芳しくなかったみたいですからねえ。
そしてちゃっかりスタメンに残る我らが白洲先輩。
ザ・仕事人って感じですよね。


・決戦前夜(青道)

クリス先輩とカネマールはビデオで最後の研究
前園先輩は直々に応援の振付の特訓
これはスタンドにも注目ですな

そして栄純はと言えば・・・先輩方と戯れていました。

パシラれてどこかうれしそうな降谷も相変わらず印象的ですが

「先輩方は1年にやさしすぎる!」
部活あるあるですねww

一年は12か月ありますけれども
1年と3年が触れ合う機会って

4月後半~5月の新入部員が本格的に活動を開始するあたりから
夏大会が終わる(多くの高校は)7月~8月初旬まで

つまり3か月と少ししかないんですよね
だから「教えてあげよう」モードが強かった・・・・と振り返ると思います。

そう考えると三年の先輩をここまで書くのって珍しいですし、だからこそうれしい(こなみかん



・決戦前夜(稲実)

一方稲実もサービスショット多めだよ(違

あのハゲ部長も結構いい味出してるんですよ。
これはそのうち。

・決戦前夜(ヤクry)

監督の想いが熱い・・・・
でもたぶん同じように選手たちも「監督と甲子園に行く」って思ってますよ。

そしてここのBGMが神がかっている・・・・


・決戦!

役者はそろった!
神宮での試合・・・・

黒土館、桜沢、明川等々の学校、
そして我らが若菜ももちろん登場!

これはテンションがあがりますね。
まさにこの試合が最終決戦になってもいいくらいの勢いです。

倉持
塁に出ればこれほど心強い選手もいません。
まあ実は言うほど出塁率は高くないので、「塁に出さなければ~」なんて言われるわけですが

ここはきっちりフォアボールを選び
そして初球単独スチール!

ところで
「無理せずバント」とかいう言葉を聞くとついついツッコミを入れたくなるんですけど

亮さんが送って1アウト3塁
そして前回見事な主人公っぷり、というか沢村っぷりを見せた純さんが登場!

打ち上げつつも・・・・ポテンと落ちるタイムリー!

振り切ってるから!
振り切ってるから内野の頭を越えていくんです!
(高校野球解説者の常套句)


この常に振り抜いて流していく打球こそ伊佐敷の真骨頂ですよ。
どっちかというと「ブンブン丸」なイメージが強い純さんですが
ちゃんと粘り強く右方向に持っていく技術を持っていますからね。

さすが某ガイドブックでは哲さん、亮さんと並んで「ミート力」を最高の評価5を獲得するだけのことはあります。

そして・・・・・

男には~
自分の世界が~ある~
たとえるなら~~
空をかける~
ひとすじ~の流れ星~~


もうこのヒッティングマーチだけでテンションが上がります。

この大会通して初めての成宮からの得点を挙げた青道ですが
成宮の様子が・・・・????

畳みかけるなら今!
なのですがはたして???




ランキング参加中
よろしかったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

多重トラバ、誤爆などは気づき次第、対処いたしますのでお気になさらずに。
一部ブログ様に反映されないこともあるようです・・・・


この記事のトラックバックURL
http://hadakanoninja.blog119.fc2.com/tb.php/3164-f1c7b7f3

プロフィール

馬鹿侍

Author:馬鹿侍
永遠の理系院生だと思っていましたが、気付いたら会社通いをしていました。というかもう4年目になってしもうた。
オタク、糜男子見習い(?)、ついでに野球人の馬鹿侍(♂)がアニメ感想とか漫画感想とかやらかしてます。

該当話に関するネタバレ、あらすじ紹介とかはありですのでご注意を。

カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
411位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
青年向けコミック
16位
アクセスランキングを見る>>


ブログパーツ