【アフタヌーン】 おおきく振りかぶって 第114回 「埼玉県大会 12」 感想

「おおきく振りかぶって」「進撃の巨人」「ダイヤのA」「マギ」さらには「福本伸行作品」 そしてアフタヌーンと深夜アニメと野球漫画があればいい↑ 早い話ただのオタクというやつですね。

【アフタヌーン】 おおきく振りかぶって 第114回 「埼玉県大会 12」 感想 

 
オレはお前を嫌わねェ
それはわかれよ


アフタ11月号 おお振り114話ですよー

では、
おおきく振りかぶって 第114回 「埼玉県大会 12」 
の感想である!

ネタバレありである!
ご注意である!!

思いついたこと順番に書いてるだけですので例によってお察しです。

 
・BATTERY!!


「BATTERY」と言えば!かの名曲ですね。
「MASTER OF PUPPETS」と並び、メタリカの、そしてヘヴィメタルの代名詞ともいえる
あの名(くどいので省略

三橋のグラグラを必死に支えようとする阿部がいいですね
これはニヤニヤできるバッテリーシーンですね。


そうですそうです
一人でなんとかする!じゃないんですよ
二人でなんとかするんですよ

そりゃー三橋は自分の独断でかえたことに対しての負い目もあるでしょうし
基本的にはこう、一人でどうにかしようと悶々としちゃうタイプでしょうね

だからこそ、注意深く見てあげないといけないですねえ。


阿部は確かにちょっとすねたような感じとも取れなくはないですが

「泣いてる?」


相変わらず三橋の言葉は斜め上を行くなあww
でも表には出してないけど真面目に泣いてたかもしれん。

阿部も怒鳴りすぎですよww
でも(二回目)

「言い方とか手加減できないけど オレはお前を嫌わねえ」
ってのはかっこいい

三橋もそれはもちろんわかってる

ただ
「嫌わないのはうれしいが 怒鳴られるのは怖い」
ってのもありますからね。


まあこの二人の漫才はもう少し見られそうで安心です(コラ


さて、
三橋の現状は
変化球は4分割、そして速球に至っては・・・・・

三橋「に」

前からといえば前からですが
最近特に三橋の顔芸が神がかってるんですがそれはww


ところで

前から思ったんだけど
投球の「コントロール」と「コマンド」の区別ついてんだろうか。
さらに言うと、分割の意味も
「常にそこに投げ込める」ということと
「組み立てとしてその分け方で考える」
のは当然違うわけですがね。

阿部の方がその辺混同してる気がしますが
一番混同してるのは私のような気がするのでこの話はここまでにしましょう(逃げ



阿部「なんかあったらすぐ呼べ、何回だってマウンド行ってやる」


三橋、これは惚れたな

三連発の「ありがとう」にも現れていますね(名推理)
まあ実際ここの阿部はかっこいい(大事なことなので二回ry





・千朶の牙


おお振りで一番「これあるなー」って思うのってこういうところなんですよ。

無名校とか、あまり強豪ではない高校と強豪が戦うじゃないですか。
そうするとね。
ピッチャーがいいと、やっぱりそれなりにいい勝負したりするんですよ。

先制とかしたりしてね。

でも、そこからずっと
「いつか追いつかれるんじゃないか」 「強豪校がその本領を発揮するんじゃないか」
っていうハラハラが付きまとうんですよ。

そうこうしてるうちに相手の「エース」が登場したりして、そうすると今度は試合の雰囲気が一変したりしてね。

で最後に 逆転されて
「最後に捕まったかー」「やっぱ○○つえーなー」となる。

今年の夏の甲子園予選(埼玉大会)もそういう試合は何回もありました。

もちろん
そのまま逃げ切ったり、エースを打ったりして勝ち抜いたチームもありますけど。

西浦の試合展開って
そういう危うさというか、

最初に点を取ってリードしてるけど
いつか追いつかれるんじゃないか?三橋が捕まったら終わりだぞ??
という緊迫感が

本当にたまりません。

おお振りが「ほかにない」ところって実はここなんじゃないかなとか思ったり。
チームは別に等身大でもないですから(水差し

・悶々田島と悶々花井

田島はまだまだ前回の三重殺を引き摺っています。
どうでもいいけど「銃殺」って一発変換されるのはやめてほしい。

花井は何とか元気づけようとしますが
田島のそっけない返事。

うんうん、
ヤサシイ言葉がしみるときも、あるんですよ

ただ、これまでも切り替えは比較的やれていた田島だけに
今回のはやっぱり珍しい。

千朶戦が 田島悶々試合と言われる所以です(違

そんな田島さんに救いの手?を差し伸べたのが泉。

9組の絆(仮)でもある「靴紐ネタ」に
田島も思わず顔がほころびます。

ああ、こういう「条件付け」みたいなのができてるのってやっぱりいいですよね?

私ですか?
ないですよそんなの(半ギレ

しかしこうなると疎外感を思いっきり感じてるのが花井です

別にそういう意味ではないですが(じゃあどういう意味だよってのは置いといて)
この報われない感じがなんか花井って感じですわ(ゲス


・千朶の牙 本格

三橋はコントロールはつかなくなってはいますが
正直今の三橋であれば、「ストライクが入らない」とかそういうレベルでもなければ
あまり変わらない気がします。

ナックルカーブは相変わらずえぐい落差で落ちていますしね。
ただ、これが見極められると危ないでえ

相手は三橋の「まっすぐ」を丁寧にカットしつつ失投を待つ。
まっすぐを「打ち上げながらも」カットするのはすごい。

ちゃんと「スイング」してのカットは技術がないとできませんよ。

ちなみに、ベンチにもっとカットがうまそうなキャプテン顔の奴がいますけどね。

櫻井のあたりは強烈に叩きつけた内野安打
4番のあたりもいい当たりとは言えませんが内野の頭を越える。


振り切ってるから!
振り切ってるから内野の頭を越えていくんですよ!


と、
「高校野球の解説が使いそうなセリフ」ナンバー6くらいの言葉をとりあえず使いつつ。

前回の田島のようにいい当たりが正面を突くこともありますから。

ここはポジティブに考えないといけません、
が、
ポジティブマインドと楽観は違いますから

「ええやんええやん」で点を取られないようにしたいですね。


ただ
今回の千朶のミーティングを見ても
ここまでふがいなかった下位打線が奮起するんじゃないか!?
といういやーな予感もするわけで

ここは何とか乗り切ってほしい!

巣山の汚名返上のファインプレイにも期待だぜ!



ランキング参加中
よろしかったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

多重トラバ、誤爆などは気づき次第、対処いたしますのでお気になさらずに。
一部ブログ様に反映されないこともあるようです・・・・


この記事のトラックバックURL
http://hadakanoninja.blog119.fc2.com/tb.php/3157-7cd5cb1e

プロフィール

馬鹿侍

Author:馬鹿侍
永遠の理系院生だと思っていましたが、気付いたら会社通いをしていました。というかもう4年目になってしもうた。
オタク、糜男子見習い(?)、ついでに野球人の馬鹿侍(♂)がアニメ感想とか漫画感想とかやらかしてます。

該当話に関するネタバレ、あらすじ紹介とかはありですのでご注意を。

カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
442位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
青年向けコミック
21位
アクセスランキングを見る>>


ブログパーツ