【アフタヌーン】 おおきく振りかぶって 第101話 「まっすぐ 3」 感想

「おおきく振りかぶって」「進撃の巨人」「ダイヤのA」「マギ」さらには「福本伸行作品」 そしてアフタヌーンと深夜アニメと野球漫画があればいい↑ 早い話ただのオタクというやつですね。

【アフタヌーン】 おおきく振りかぶって 第101話 「まっすぐ 3」 感想 

 
アフタを買ってきました。
今更のように。

というわけで、

月刊アフタヌーン 2013年 8月号
おおきく振りかぶって 第101話 「まっすぐ 3」 
の感想です。

ネタバレありですぜい。


 

・前説(進撃の巨人ver)
おお振りのネタバレをうっかり見てしまうといけないからね(ゲス顔

代わりに進撃の巨人とマブラヴのネタバレをかましている部分がありますので、
そっち注意してください。 

まさかおお振りの記事で『進撃の巨人のネタバレにご注意ください』とかいう奴がいるとは思いませんでしたわ。


「おお振り」のアクションゲーム(この時点でなんかおかしい)をプレイしていると思ったら
いつのまにか「進撃の巨人」のゲームをプレイしていた

というよくわからない夢を見ました。

ええ、確かにアニメの進撃の巨人に割とはまっており、見終わったら今度は原作に手を出そうと画策中です。
アニメでは
冒頭を見ては「まんまマブラヴじゃねえか!!」とほざき
シガンシナ区やトロスト区を見ては「真田丸じゃねえか!!」と言いがかりをつけ
ピクシス司令を見ては「秋山好古じゃねえか!!」と勝手に喜ぶ
そんな日々でした(お馬鹿

冒頭のところを見て、あとは話自体の展開や某装置なんかも感じるところはあったんですが
下記のような発言(というか記述)があったらしく、妙に納得してしまったものです。

諌山先生
「『進撃の巨人』は『マブラヴ オルタネイティヴ』を
 パクって作ったことを白状しなければなりません。
 本当にすみませんでした! ものすごく影響を受けてます!」



公式で作者さんがこんなことを言うとは・・・
アニメを見終わるまでは原作には手を出すまいと思っているのですが
これはついつい手が伸びてしまいそうになるではないですか。
・・・というか、原作第1話を「ためし読み」してしまったんですが、


冒頭の「いってらっしゃい」からのエレンの「長い夢を見ていたような」目覚め(with涙)
なんかはなるほどマブラヴの冒頭そのまんまでしたし

もしかして今後の展開や真相まで同じものだったりするのか・・・・??

だとするならば、

N+1週目(記憶をほんのわずかだけ引継いでループ)と
N+2週目(記憶と戦闘技術を引き継いでループ)ときて・・・・
・・・そしてループを「引き起こしている」人は・・・?




まあ作者さんがこのタイミングでおおっぴらに『パクリました』って言ってるってことは、ネタもオチも違うものになるとは思うんですけどね。
でもマブラヴを前提に考えると結構しっくりくる描写も多いみたいで・・・・
(まあこじつけともいうんでしょうけどww


件のマブラヴオルタ自体は、諌山先生が大絶賛しているとおり、面白いとは思うんですが
ヒロイン達や仲間がBETAに喰われていくシーンが無駄に気合入っててグロいのであまりおおっぴらにお勧めはできません。(というかそもそも18禁ですし)。

全体的に理不尽な絶望に満ちていますし、苦手な人は苦手でしょうし。


マブラヴ オルタネイティヴ クロニクルズ04マブラヴ オルタネイティヴ クロニクルズ04
(2013/08/30)
Windows

商品詳細を見る


つーか世界設定をいいことにクロニクル商法なんてものがあるというこの現実。
いつまで続くんだこれ。


しかしこれ、マブラヴ(無印)は学園恋愛ものだったはずなのにどうしてこうなった・・・

マブラヴ 初回版マブラヴ 初回版
(2003/02/28)
Windows

商品詳細を見る


こっちが無印。


・本編



本編です。
なんかここまでだけで記事一個作ればいいじゃん?
という気分になってきましたが

あれはうっかり本編のネタバレを読まないようにという配慮です。
うそです、なんとなく語りたかっただけです。



というわけで

ようやっと
おお振り101話の感想です。




今月号を一言で表すとするならば・・・


モモカンがかわいい!!


これしかいうことないのか、というツッコミはおいておいて。

モモカンパパは東京の強豪私立校出身。千代ちゃんも驚いていました。

しかし、ひぐち先生としてはめずらしめ?な
ちょっとリアルよりの顔。

これいろいろいじくったら進撃の巨人に出てくる奴らみたいになるんじゃなかろうか???


・・・・おお、これで冒頭とつながりましたね(黙れ

モモカンパパの見立てでは、思ったよりもよいが何かが足りない
というところ。

まあ新設1年目高校って前情報だけだとね。

足りないのは何か?

先輩、後輩の関係がないこと?
(単純に上下関係だけではなく、指導等も含めて 何よりも2年生、3年生がいないことも)
レギュラー争いとかもないこと?
(最近はちょっと熱いですよ?外野陣が)
まあまだまだ課題はいろいろあるんでしょうけど、それはこれから克服していく話。





モモカンパパは、強豪高出身でいわゆる「しごき」のあったテンプレ通りの高校で野球をやっていたみたいですが、
自分自身はそういう指導をするつもりはないと宣言。


うむ、
少なくともモモカンは「楽しくなくちゃ意味がない」という方針ですし、
泉だって「そういえば中学までは練習が嫌いだった」
というほどに今は充実しているわけで

だからこそあれだけの練習量を脱落者なしにこなせている。
もちろん実際にそううまくいくかは・・・・・まあ漫画の話なんでおいとくにしても。

モモカンパパの大方針としてなのか、
はたまた「監督」の方針に従う形でなのかはわかりませんが
とりあえずは一安心(何が)です。




そしてパッパは三橋の投球が見たいと。
阿部はあまり期待すんなとちょっと冷ややかw


これは三橋争奪戦の勃発ですわ(違
仮にそうだとしても阿部が空回りして終わるような気がしますが・・・



三橋のまっすぐに、懐かしみを覚えるパパ。

なんとなくモモカンパパも自覚はしてそうな雰囲気がありますが
思い起こすと、しごかれた日々が頭にはあるみたいです。

「あれでケツに火がついた」

どこか懐かしげなお父さん。

この方は、それでもそういうスパルタな指導は実施しないと明言されていましたが
こういう心理ってのはままあることらしく。。

一般的に書くならば


過去の事実は変えられない
⇒認識を変えて過去の事実を正当化する
⇒現在の自分の精神の安定をはかる


というような心理の働きは人間にごくごく普通に備わっているものらしく
今回の例に当てはめると

過去にしごきや体罰があったけど、それを否定することは
今の自分自身の否定にもつながる
⇒過去の体罰を正当化し「あれがあったから~」とか
「あのおかげで~」とか言い始める
⇒体罰、しごきを肯定し、場合によっては次の世代に強要する


というのだとか。
超絶聞きかじりですけどw
もちろんこれは無意識にやっているものなので、肯定派からすれば「そんな言い訳がましい理由じゃねえよ」というのかもしれませんが。


私自身は、高校時代に所属していた運動部もそれほど厳しいところではなかったですし、
(まあ合宿とかでは結構ハードなことやってましたけど、いわゆる「しごき」とは
 違うかな?)
大学ではまあ草野球でしたので体育会でもなんでもなかったので

結局そういうのを知らない身でしか話せませんが・・・・・


4月から変わった取引先のお客様で、結構な強豪校出身の方がいらっしゃって
飲み会とかでもいろいろな話を聞けたりするのですが

やっぱりこの手の強烈なしごきとか体罰ってのはあったらしいですね。

「振り返ると『あのときのシゴキのおかげで今の俺がある』みたいなこと
 いう奴がいるんだけど、そんなのちゃんちゃらおかしいよな
 理不尽なシゴキなんかないほうが伸びてたっつのwww
 最後なんてみんな怒られないで済むことしか考えてねーもんww」


なんて笑いながらおっしゃっていたのが印象的でした。
まあこの辺は結局自分がどう思うかによる部分が多いでしょうしね。

自己正当化のほかにも

そういう理不尽なしごきに「潰されてしまった」人たちは
結果としては脱落者にカウントされてしまうために声を大きく上げることができないから
体罰やしごきの無意味さを強く説くことができない・・・という話。

もっとうまい指導ができれば、そういう人たちを伸ばすことができたかも知れないけれど
実際にどうなるかなんてわからないし、現実が「脱落」である以上
聞き流されてしまう。

なるほどねえ、と思ったものです。

だからこそ、「生き残った側」である桑田さんからああいう体罰やしごきをきっぱりと否定する言葉が出てきたというのは非常に価値があると思うんですね。


・・・・ちょっと話ずれましたか。


ほかにも、「上下関係」なんてきっちりした言葉で終わらせられない、
レギュラーを取った後輩へのしょーもない嫌がらせがあったらしい話とか

強豪高でありながら1回戦負けをしてしまった後に
OB連中がよくわからない説教しにきた話とか
結構興味深い話がありました。

(本人は1年生だったので、そこまでの感触はなかったらしいですが)

「俺らんときも、一回戦負けしちゃった後は居心地悪かったけど
 今なんかネットとかもあるから、何書かれるかもわからんよな」

なーんておっしゃってたけど
実際そういう側面もありますからね・・・・・
時代が変われば常識も変わっていきますが
いつの時も、衝突はあるものです。



「おお振り」は上記のモモカンの言葉にもあるように、比較的早くからそういう強制的なしごきには否定的だったようにも思います。
ひょっとしたらこれから先
そのモモカンパパの「知人」とやらが出てくるとまたいろいろと展開があるのかもしれませんが
ひとつ興味深く見守ろうではございませんかねえ

後輩が入ってくるあたりとか面白くなるんじゃないかと・・・・だいぶ先ですね、そうですね。





・三橋のまっすぐ


三橋のまっすぐを見て、「ナチュラルにスライダー回転が」と見抜くパパン。
これはいよいよジャイロボールの予感ですわ(ゲス顔

ジャイロってほどジャイロじゃないみたいですが
投球訓練をしていない人の回転=ジャイロ気味の回転ってのは予想通りですかね。

持ち方を変えてツーシームな感じで投げれば
モモカンパパも言うとおり、「縦スライダー」の習得も不可能ではありません。

しかし三橋は「ナックルカーブ」にこだわりがある様子。
理由は・・・まあ秘めておきたいところですよね。


決してやたら投げさせるわけではなく
30球の中でいろいろと見て、「準備万端」な中で解析していく
これには阿部も脱帽のようです。

阿部自身はといえば延々ワンバン投球をさせられたようで・・・

どういう指導者に当たるかってのはすごく大事ですよね。
いやホント。

とまあ新しいコーチの顔見せだった今回ですが
次回以降に向けていろいろと楽しみはありそうですね。




あ、あと地区予選突破してました。

めぐり合わせがよかったみたいです。
・・・・まあ緒戦で武蔵野と当たったんだから、それ以外はそこそこの高校でもバチはあたらんですよね。

漫画的な話でいくと
対戦相手として「読ませる」チームは
南部地区には武蔵野第一くらいしかいないと思ったので
(ARCが南部だとすれば、さすがにぼろ負けして終わりそう
 それ以外の高校は(いつのまに西浦そんなに強くなったの?というツッコミはあるにしても)
 普通に勝っちゃいそう。
 強いて言えば浦和総合くらいか?)
その後は勝つにしても負けるにしても省略かなとは思っていました。

次回は県大会

4回あるいは5回勝てば決勝進出となり、関東大会に出場です。
関東大会で1回あるいは2回勝ってベスト4に入れば春の選抜にほぼ当確です。

というか、

「21世紀枠」なんてものも存在しますから
本当にうまくいくと
県大会でベスト32に入ればその選出対象になります。

そして、うがった見方をするならば、西浦はどちらかといえば
「選ばれる理由をもっている」高校ともいえます。


まあそういうルートでの甲子園出場はないとは思いますが。

ひょっとしたら選抜の仕組みに対するひぐち先生の見解が書かれたりして?
なんて余計なことも考えてしまうのです。





相手がどこになるか?

というか
3年生が引退した今
「豪腕」榛名が1回戦で姿を消したというのは(武蔵野の他メンバーがどうのこうのはあるにしても)
あの世界においては、結構な話題になったと思うのです。


ましてその破った高校が、夏に桐青を下した高校であるとなればなおのこと。


そんななか、彼らの「秋」はどこまで続くのか。
まだ見ぬ強敵との戦いを楽しみにしながら待ちたいところです。





・野球の話

さて、野球の季節です。
大学時代の友人と草野球なんぞをしながらーなんてこともやってましたが・・・・



・進撃の巨人

なんだかんだで猛威を振るっている巨人軍。
うん、これが書きたくての冒頭だったんだ(大嘘


DeNAファンの私からすればあまり喜ばしいことではないですが・・・
というか巨人に立ち向かうDeNAこそが主人公!!

・・・別にDeNAだけじゃないですか、そうですか。


DeNAに加入したモーガン選手がお茶目さ全開で個人的にすごい気になってますw
後、巨人は好きじゃないけど、ボウカーにはがんばってほしいというこの複雑な心境。


わかりますかね?こういうの。


・後世に残るかもしれない2013年入団


大谷、藤浪、菅野、小川、則本
(・・・・そしてDeNAファンとしてはやっぱり三嶋も入れたい!)

現時点ではありますが
この2013年入団の皆々様は、ひょっとしたら後世に語り継がれるレベルの
新人王争いをするかもしれない・・・・そんなふうに思ったりしています。

特に投手陣

超大型高卒ルーキーの2人は、
ちょっと制球に難があるものの
(私の思い込みだと、高卒ルーキーが成功するかは
 少しずれただけで簡単に「持って行かれる」プロの打者を抑えるための
 制球力の強化にあると思っています。
 
 今年その壁をついに超えて目覚めた人がいるんですが、それは
 この下で書きませう)
大器の片鱗を見せていますし

大谷選手についていえば・・・・できるところまで頑張ってほしいですね。

大卒組はといえば入団時からすでに完成度が高く・・・
特にセリーグの小川投手、菅野投手が素晴らしい。

現時点で最多勝を争ってるのがこの二人ってのがね。

菅野に関して言えば
防御率4位、勝数1位、奪三振1位という・・・

能力はやっぱり疑いようがないのかなあ・・・つってもまだシーズンは長いけれど。
どこかふてぶてしさのある老獪なピッチングが
他球団ファンとしては地味にじれったさを感じます。

まあ我らがDeNAは
菅野から4点取りましたけどね!

・・・・・負けたけど。


とまあ

シーズンもまだ折り返し前なので
これからどうなるかなんて全然わからないけれど
楽しみの一つではあるのです。




・覚醒の菊池

選手が何かを契機として「目覚める」瞬間。
それが一番見ていて面白いところ、そこに立ち会えることが醍醐味でもあると思っています。

もちろん突然変わるわけではなく、そこにいたるまでの
努力であり、試行錯誤であり、その他いろいろがあったとは思いますが。



今年に入って見事に「覚醒」したのが西武の菊池投手。
まさかここまで・・・というのが私の感想ですが、
コントロールもよくなりましたし(高校で輝かしい実績を残した「逸材」がプロで伸び悩む一番の理由がこの制球難だと思います)
なんといってもチェンジアップの習得がでかい、と私は思っています。

ちなみに菊池投手がチェンジアップを覚えた経緯は意外なものでした。

いわく


菊池雄星選手
「ゲームをやっているときに
 右への変化球しかないピッチャーは打たれてたんです
 ゲームですごく打ちやすいんです
 カーブ、スライダーだけだったら」



・・・・・・・・・・・・・・・・。

実況パワフルプロ野球2011実況パワフルプロ野球2011
(2011/07/14)
PlayStation 3

商品詳細を見る


栄口君も大絶賛のナンバーワン野球ゲーム!!




まーたパワプロが選手を一人覚醒させてしまったか。


というのはおいといて、
菊池投手がやったのがパワプロかプロスピかはわかりませんが、
パワプロ2011の「スライダーとカーブしかない」菊池投手が打ちやすかったのは事実です。

まさかその辺のことがきっかけ(直接かはわからんですが)になるとは思いもよらんことですよね。

しかし
きっと栄口君も同じ感想を持っていたことでしょう(違



しかしこうなると

榛名さんが縦のスライダーを習得したのも
パワプロの影響という可能性が!?


あ、違いますか、そうですか。


それはおいとくにしても
左投げの速球派にはロマンを感じる今日この頃ですので活躍を期待しちゃったりするのです。



今月号で三橋にも縦スライダーの可能性?が浮上しましたが、
まあ三橋はナックルカーブもあるしね。
パワプロだとシリーズによって曲がり方が違いますが。


ちなみに



・パワプロに影響を与えられた/与えた選手の代表例

井川→自分のチェンジアップの軌道をパワプロスタッフに事細かに説明し
   「サークルチェンジ」を追加させる
和田→「Vスライダー」にあこがれちゃう
永川→弟に「兄貴はフォークしかないから使いづらい」と言われスライダー習得
菊池→打者相手にはチェンジアップが有効であることに気付き習得、覚醒する(NEW!!)


いろいろとあるもんです。






なお

去年の夏ごろから覚醒した中田翔選手も注目しています。
今年は三冠すら狙える位置にいますが・・・はて?





ランキング参加中
よろしかったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


実況パワフルプロ野球2012決定版実況パワフルプロ野球2012決定版
(2012/12/13)
PlayStation 3

商品詳細を見る






こんばんは!
コメントありがとうございます。

私もさほど部活にかけていたわけではないのでいろいろと興味深かったです。

三橋君の投球については最近徐々に明らかにされてきていて見逃せませんよね。
また聞きかじり、知ったかぶり(ダメじゃん)で書き散らかしてまいりますw

ではでは。
[ 2013/07/21 21:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

多重トラバ、誤爆などは気づき次第、対処いたしますのでお気になさらずに。
一部ブログ様に反映されないこともあるようです・・・・


この記事のトラックバックURL
http://hadakanoninja.blog119.fc2.com/tb.php/2675-b5bc3ec6

プロフィール

馬鹿侍

Author:馬鹿侍
永遠の理系院生だと思っていましたが、気付いたら会社通いをしていました。というかもう4年目になってしもうた。
オタク、糜男子見習い(?)、ついでに野球人の馬鹿侍(♂)がアニメ感想とか漫画感想とかやらかしてます。

該当話に関するネタバレ、あらすじ紹介とかはありですのでご注意を。

カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
394位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
青年向けコミック
16位
アクセスランキングを見る>>


ブログパーツ