FC2ブログ

ARIA The ORIGINATION 第13話 「その 新しいはじまりに・・・」  と総評各種

「おおきく振りかぶって」「進撃の巨人」「ダイヤのA」「マギ」さらには「福本伸行作品」 そしてアフタヌーンと深夜アニメと野球漫画があればいい↑ 早い話ただのオタクというやつですね。

ARIA The ORIGINATION 第13話 「その 新しいはじまりに・・・」  と総評各種 

 
すっかり遅れてしまいました。
んが、
これは書かずにはいられない。

というわけで
ついに最終回を迎えてしまった ARIA The ORIGINATION 第13話 「その 新しいはじまりに・・・」 
の感想です。

ついでに「陸ARIA」の方も。
結局一回も取り上げなかったので(汗

ARIA(12) (BLADE COMICS)ARIA(12) (BLADE COMICS)
(2008/03/10)
天野こずえ

商品詳細を見る

感動に次ぐ感動でした。
3期にわたって展開されたこのシリーズもついに完結です。

変な話、
ずっと続くっていうイメージがあったんですよね。
だから、こうして終わって、「ありがとう」の文字が出てもなんか実感がわかないというか
変な感じです。


アリシアさんの寿引退


なんですと!

と、のっけから驚かされた展開。
といっても
少し前に、原作でこれがあったらしく、結構話題にのぼっていましたから
知ってはいたんですけどね。

旦那はどんな人なんでしょう。
なんとなく

森里螢一とベルダンディー
みたいな感じの夫婦(あっちはいまだにそこまでいってませんがw)を想像してしまいます。


しかし全然そんな雰囲気・・・・いや、Naturalの頃に微妙にあった気がしましたけど
まさかそういう話は来ないだろうと思ってたので、これは本当に意外でしたね。


・アリシアと灯里

・引退セレモニー
これを鳥肌といわずに何を鳥肌というのか
というくらいの悶絶シーン。

涙なくしては語れません。

深々と頭を下げたアリシアさんの横顔に光るものが
印象的でした。

視聴者の胸を打つために、
涙を安売りするアニメってあまり好きじゃない、とどこかで書いたようなですが
ARIAはその対極というべきか、
それをすることなく普段から様々に感動させてくれてくれる本作だからこそ

最後の最後で、
ここぞとばかりに大攻勢を仕掛けることができるのではないかと。


うん、本気でこれはすごいアニメでした。

そしておなじみ、後日談。
本当に終わってしまったと、あらためて認識させられます。
みんな活躍してて喜ばしい限りです。

でも短パンアル君に若干吹いたwww


・受け継がれるもの
大人になった灯里。
最初にアリシアさんと灯里のシーンを持ってきたのは、こういう意味があったんですね。

いいなあ。





ARIAはこれで完結してしまったようですが、しかしまだあれが残っています。

・陸ARIA

なんか巷ではそう呼ばれているようで。
「スケッチブック」です。
ARIAの前にやっていた1クールアニメです。

どっちもコミックブレードに連載されてるわけですが


・ARIAスタッフが多数参加している。
・コラボレーション?している。
・とりあえずぬこぬこである。


といった部分からか、
作中の「雰囲気」が非常によく似ており・・・おそらくスタッフもある程度意識したのかと思うのですが・・・・
ゆえに陸ARIAとも呼ばれることになったのでしょう。


スケッチブック最終話の後のエンドカードで
空から灯里へ、ミケからアリア社長へとバトンタッチが行われたのも印象的でした。

スケッチブック~full color's~ 第1巻スケッチブック~full color's~ 第1巻
(2008/01/25)
花澤香菜

商品詳細を見る


ミケかわいいよミケ(二回目





もちろん、両者の違いは多いですし、
かくいう私も、受けた印象は割と違っていました。

スケッチブックの場合、
もともとが四コマである原作にテーマをいろいろと持たせるというスタイルをとったため
これが功を奏した部分は多いですが、裏目に出た部分もありました。
やはり
「無理やりだな」と感じてしまう部分があったのも事実です。

【ニコニコ動画】ARIA×スケッチブック




私の場合
スケッチブックは原作既読、ARIAは未読
というちょっと変わったパターンでした。

で、スケブは当然全話みたのですが
まったく感想を書くことなく終わってしまったという事態に陥ったわけで(汗








・まとめて総評?

どれも鳥肌回だったような気がしますが

特にすごかった回を挙げるなら
(最終回が鳥肌なのはもう確定なのでwそれ以外で)

アリアでは
第4話 「その 明日を目指すものたちは・・・」
第9話 「その オレンジの風につつまれて・・・」
第11話 「その 変わりゆく日々に・・・」


スケッチブックでは
第4話 「三人だけのスケッチ大会」
第11話 「風邪の日 と ねこねこpart3」
第12話 「スケッチブックの日」


あたりが良かったですかね。
しかしなんといっても
最終回以外で最高の回と言えば、


アリア
第5話 「その おもいでのクローバーは・・・」

今更語るまでもない神回です。
晃さんかっこいいよ晃さん。

スケッチブック
第5話 「ねこねこの日」

これですかね。やっぱ。
先述の「テーマを与えた」事が最大限に発揮された回でした

原作だと出張版の方に収録されている、猫視点で展開する話。
5巻からは本編と合わせて収録されるようになりました。

そういえば、
とたん先生また新しい猫を見かけたみたいで
さっそく5巻に登場してましたが・・・・写真付きでw


癒しと笑い、そして問いかけを全て持ってくるあたりは、さすがです。


関連MAD

【ニコニコ動画】【MAD】 ねこねこの日を真赤な誓いでダイジェスト? 【スケッチブック】


雰囲気は基本的に「ARIA」と同じなのですが、
それをこんな熱い曲に合わせるのはすごいw

以前、二作目のジンクスの話をいろいろしましたが、
二作目のジンクスといえば、
以前私は
「一期より面白かった二期は一つしか知らない」と書きました。
ARIAですか?という質問がありましたが
違います。

ARIAの場合、
NATURALもものすごくおもしろかったんですけれど
なんといっても一期が素晴らしくて、相対的にみるとやや劣ってしまう、というパターンです。
他にも「攻殻」「げんしけん」などは、この
「二期もおもしろかったが、一期が素晴らしすぎて、それと比べてしまうとさすがに落ちてしまう」パターンになります。

ちなみに
アカギ、カイジ、おお振り、そしてスケッチブックあたりも、二期作ったらこんな感じかな、という気が今からしています。
いずれも二期は作ってほしいですし、間違いなく面白くはなると思いますけど
あの一期を超えるとなると難しいかな、と思いますね。



「一期はおもしろかったけど、二期は微妙」
というアニメならそれこそいっぱいあるんですけどね。
絶望とかは、もういいましたけど。

ちなみに
私が書いた唯一の
「素晴らしかった一期をさらに超えた二期アニメ」
はスレイヤーズNEXTです。

そんなわけでしたけど

このアリア三期
まさに集大成ともいうべきか

毎回が神回ともいうべきアニメになりました。


いや、本当に
スタッフさんたちにはありがとうとしか
言いようがないです。

ホントありがとうございました。




「ARIA The ORIGINATION」Drama CD II「ARIA The ORIGINATION」Drama CD II
(2008/04/23)
ドラマ、葉月絵理乃 他

商品詳細を見る



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

多重トラバ、誤爆などは気づき次第、対処いたしますのでお気になさらずに。
一部ブログ様に反映されないこともあるようです・・・・


この記事のトラックバックURL
http://hadakanoninja.blog119.fc2.com/tb.php/248-9b47c998

ARIAカンパニーの新入社員って話でした。
[2008/04/05 21:51] 日記・・・かも
アリシアが寿退社?!( ゚д゚)ポカーン  いや原作読んでるので知ってましたけどねwそれでもやっぱり原作読んだ時は、余りにも驚きすぎて(...
[2008/04/06 02:03] 欲望の赴くままに…。
ついにARIAも終局。 原作もアニメも終わりか…これで完全に終わっちゃいましたね…寂しいなぁ。 そして、1日感想遅れてしまってサーセ...
[2008/04/06 10:20] ネギズ
ARIA The ORIGINATION Navigation.2 ついにプリマに昇格した灯里に、アリシアさんは心に秘めていた決意を明かしました。それはアリシアさんがゴンドラ協会の要職について現役を退くということ。話を聞いて駆け付けた藍華とアリスの前で灯里は、「きっと、大丈夫」と元
時事ネタ探しのついでに読ませてもらいました。
プロフィール

馬鹿侍

Author:馬鹿侍
永遠の理系院生だと思っていましたが、気付いたら会社通いをしていました。
オタク、糜男子見習い(?)、ついでに野球人の馬鹿侍(♂)がアニメ感想とか漫画感想とかやらかしてます。

該当話に関するネタバレ、あらすじ紹介とかはありですのでご注意を。

カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
256位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
青年向けコミック
19位
アクセスランキングを見る>>


ブログパーツ