FC2ブログ

【アニメ】 おおきく振りかぶって~夏の大会編~ 第4話 「野球シンドイ」 感想

「おおきく振りかぶって」「進撃の巨人」「ダイヤのA」「マギ」さらには「福本伸行作品」 そしてアフタヌーンと深夜アニメと野球漫画があればいい↑ 早い話ただのオタクというやつですね。

【アニメ】 おおきく振りかぶって~夏の大会編~ 第4話 「野球シンドイ」 感想 

 

よし 今日は俺に出来る最高のプレーを後輩に見せてやろ
それが、俺についてきてくれたやつらへの恩返しだ


おおきく振りかぶって~夏の大会編~ 第4話 「野球シンドイ」
の感想です。

第4話 「野球シンドイ」

1死一・三塁で回ってきた三橋の打席。百枝このチャンスを活かすべく、三橋にヒッティングの指示を出す。
一方、三橋は、投手の負担が軽くなるように"コールド勝ち"を狙うチームに少しでも貢献したいと強く思いながら打席に入る。
「投手としてチームに必要とされている」という事実を受け止め、その思いをぶつけるようにバットを振るう三橋だが…。

脚本 爽田夏央 / 絵コンテ 大野和寿 / 演出 大野和寿 / 作画監督 中野彰子


おおきく振りかぶって(14) (アフタヌーンKC)おおきく振りかぶって(14) (アフタヌーンKC)
(2010/04/23)
ひぐち アサ

商品詳細を見る

 

私が書くことはやっぱり基本は二つかな。

・相手校の物語も、西浦のそれとは対照的にしっかりと書きこんでいるのがうれしい。
・丁寧な描写ではあるけれども、やはりどこか淡々と原作消化をこなしている印象がある。


今日書くのは


・花井のプレッシャー
・田島の自立性
・崎玉の事情とタイさんとイッチャン
・投手であること


まあこの辺?


おっと

・阿部の腹黒さ
・きよえさんのかわいさ
・おしゃべり千代ちゃん


を忘れてましたw





花井にプレッシャーをかける!
という主題があるものの、決して花井ひとりの物語にはならず
西浦ナイン、そして崎玉ナインにも焦点が当たるのがいいでござんすね。



バッターナイスラン!!


阿部のオヤジがよりゴツくなってるww


原作だとガッチリというよりもメタボ気味だったんですけどね。

まあ、似てるってのは変わりなしw



・三橋のヘッドスライディング


三橋らしいズザーでしたねw
三橋に過保護な阿部はもちろん鬼ギレですが

「駆け抜けた方がはええんだぞ!」
というセリフが抜かれたのはなんか意味があるのかな?


阿部が「そう思ってる」っていう描写だったら全然いいと思うんですけどね。
まあどうでもいいか。

ウィキペディアがただの編集合戦の戦場になってしまった今、
ほんとうにその情報が正確なのかは微妙と言わざるを得ませんが・・・ 

ヘッドスライディングは遅いのか



割と興味深いお話です。
少し前に流行?した「ヘッドスライディングよりも駆け抜けた方が『明らかに』速い」という盲信的な論調にくぎを刺すような感じ。
もっとも、こちらはこちらで少々ヤらしい感じはありますけど

ヘッスラ理論に興味あったらお試しあれ。

ただ、へたな人がビビりながらやれば遅くなりますし
もちろん怪我の危険もあります、
そういう意味で、お勧めはできませんね。



・花井のプレッシャー


モモカンの策略に乗り、花井がどんどん追い込まれていきますw
あまりにも大きなナンバーワンの影に隠れてしまわないように
この試合でそれをはねのけることができるかっ・・・!




・腹黒阿部


この男は相変わらずだw
決定的にダメージを与える方法を知っていますね。

守りでは今回も敬遠攻めを披露しますが
ブーイングは出ず。

まあ高校野球でも、品位が知れるような観客の行動とか結構ありますからね。

敬遠については甲子園での
「松井秀喜五打席連続敬遠」
なんてのが有名ですが

あれの敬遠に関する是非はあり、どちらの意見も興味深いものではあるのですが
ヤジを飛ばしまくった挙句にグラウンドに物を投げ込みまくった一部の観客の品位が最低であることに関してはあの試合最大の汚点であると思いますね。


なお

1992年にこの事件がリアルで発生する前、1977年ごろに
水島新司先生が「ドカベン」において「甲子園での山田太郎五打席連続敬遠」を描いたというのは有名な話。


事実もそうだけど
意外とドカベンって・・・「すべての要素」が詰まってるマンガだと思います。

とこれは余談。





・タイさんの独白


崎玉のチーム雰囲気の背景みたいなものが出てきましたね。

厳しくしたために部員はやめていき、
三年生はタイさん一人に・・・・・

部として存続するためには、厳しくせず、言い方を悪くすれば「気楽に」やる部活動に。
もちろんそれはそれでありなんだと思います。
ただ、その中でも部員の思惑はいろいろとあるわけで。


今日負けたら終わりなのは
あんた一人なんだぞ!!!



ついに市原が爆発!


相手校にも相手校のドラマがある。
まあ当たり前のことではあるんだけども、
やっぱりきっちり描くのがうれしいじゃないですか。


西浦とは対照的、なんですよね。
西浦の場合、モモカンの指導のうまさと、父母の協力と、・・・やっぱり部員も普通にすごいんだと思うけど、
厳しくしても部員がついてくるような環境を作ったというのが大きい。

この辺はひょっとしたら、モモカンの過去のことと関係があるのかもしれませんね。


実際崎玉が強くなるとしたら、今回みたいに打ちのめされた後だと思うんですね。


タイさんはこの試合で何を後輩に見せられるのか
「バッチ来~い!!」の叫びがよかったね。

それでも
バックの守りで満塁のピンチを切り抜けた、崎玉。

改めて感じる「グラウンドの中で一番高いところにいる特別さ」

面倒とは言いつつも、三橋とはまた別の意味で投手であることの特別感を味わうイッチャンがいいですね。



・一死満塁からの田島さんの神の手


一死満塁からのリードはそこ!
となかば強制的に引きずりだされた栄口。ビビり方がナイスですw

ファーストがベースについていないということと、けん制したときにサードランナーがホームを突ける
という理由からリードは大きめなんですけど

まあこれが通用するのもいつもってわけではないですね。

特に・・・・水谷にホームを突けるかどうかは微妙な気がするw


そして「神の手」発動っ・・・!


二塁ランナーも帰っちゃうとかマンガかよ!・・・てマンガだった。

その前には、
栄口が大きくリードを取ったことでゲッツーが防げたというのもさりげなく大きいんですけど
やはり田島の超人っぷりが目立ちますw


バット振れなくても2安打だしねえ。
(セーフティバント3つのうち、安打が2つ、エラーが1個ですね)


この辺も指導の見せどころというか
結果ももちろん大事だけど、後々のためにもしっかりとそこに至った過程を見る。

結果ホームでアウトになった水谷は正解で
神業でセーフにしてしまった田島は「危なかった」
この辺りが面白いですね。


もっとも
田島はそれも分かってて突っ込んだんでしょうけどね。
この男は、結構自分の感性、考えのもとに(必要次第ではモモカンの命令、指導を無視して)行動することがあります。
「考えながら野球をやる」ということで、すでに自立ができている彼だからこそという感じです。

(阿部は除いて)

他の選手も、考えながら野球をしていると思いますが、その辺が一つ田島が他と違うところでもありますね。
本人も暴走はしないですけど、コントロールはしづらいキャラだと思いますよ。




花井にかかるプレッシャーはますますですが、
なんとかそれを振り払えっ・・・!
モモカンの荒療治は吉と出るか凶と出るか。

一試合ごとの戦術もまあ大事ですけど
3年間という中でぐんぐん伸びる選手を育てていく高校野球、
だからこそモモカンのようにこの後・・・おそらくは夏のさらに先までを見通してそれぞれの選手に対して指導を与える存在は意外と貴重です。


ほんとうにモモカンはどんな経歴なんでしょうね?
過去を探るのはデリカシーがないっすよ?と思いつつ、やっぱり気になるもんです。





そして呂佳さん登場で終わりです。


そして今日もじいさん絶好調


そしてこれだけは言わせてください



きよえさんのかわいさは異常!!!


活躍に喜ぶ様なんかもうね、たまらんね。



次回予告。

本編では出てこないってのはあるけど、
千代ちゃんちょっとしゃべりすぎじゃないっすか?

・・・・・・久々に篠岡ネタバレ乱舞が見られたような気がしますw

でも大事なところは隠してるのかな?

気が向いたらポチっとおひとつお願いします。

にほんブログ村 アニメブログへ


おおきく振りかぶって ~夏の大会編~ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]おおきく振りかぶって ~夏の大会編~ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2010/06/23)
代永 翼中村悠一

商品詳細を見る


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

多重トラバ、誤爆などは気づき次第、対処いたしますのでお気になさらずに。
一部ブログ様に反映されないこともあるようです・・・・


この記事のトラックバックURL
http://hadakanoninja.blog119.fc2.com/tb.php/1452-efbecbd4

やっぱ野球は楽しいよ!\(^o^)/ 特に高校野球はさ! そんな風に思わせてくれた第4話感想。 (next ´ゝ∀・`)ノ**☆**:;;;;;:**☆こ...
[2010/04/23 07:45] HEROISM
三橋もコールドに参加したいって頑張りますが…。 ピッチャーが無茶しちゃいけません(^^; モモカンは今回の試合で花井の成長に期待し...
[2010/04/23 08:23] SERA@らくblog
手に汗握るう~!! 自然に応援しちゃってますね!! 千代ちゃんが予告で次回決着と言ってたので、コールドかそれに近い形で西浦が勝つのでしょう。 そうなるとポイントは1点にしぼられる。 花井がプレッシャーを乗り越えられるか? 結果を出してくる田島(怒ら...
[2010/04/23 08:35] のらりんクロッキー
ガンバレ!花井
[2010/04/23 08:50] 記憶のかけら*Next
俺もコールド、参加したい-----------------!!必死に打った三橋ですが、三塁側飛んだ打球。サードは止めるのが精一杯だったよう。それでもヘッドスライディングする勢いで1塁へ駆けこ...
1死一・三塁(一塁水谷、三塁阿部) コールドに参加したい!点入れたい!と思う三橋をバッターに迎え 西浦の攻撃は続く。意気込んだ三橋が打った球はけっこうヒット性 だったと思うんだけど、崎玉サードの杉田がファインプレー・・・ かと思ったが、実は球を落としてい
[2010/04/23 09:15] ゴマーズ GOMARZ
花井ぃぃぃぃぃぃぃ
[2010/04/23 09:27] もす!
展開、早ぇんだよーー!
[2010/04/23 10:53] 妄想詩人の手記
すげえなホントに、30分が濃くて短く感じる 心理描写が細かくちょいちょい変わって、でもテンポ良くって見たわーって充実感があるし安定感が...
[2010/04/23 11:29] 狼藉者
おおきく振りかぶって~夏の大会編~の第4話を見ました。第4話 野球シンドイ崎玉高校との試合で、1アウト、一・三塁のチャンスを生かすべく、モモカンは次の打者・三橋にヒッティン...
[2010/04/23 11:36] MAGI☆の日記
「今日は花井君にプレッシャーをかける絶好のチャンス!」 モモカンの狙いはそっちでしたか(汗) 自分もコールド勝ちに参加したいとやる気を...
田島と花井の違いは実力の違いもあるだろうけど、もっとも大きな違いは、野球に取り組む姿勢に余裕があるか無いかなのでしょうね。花井は頑張っているのはわかるんだけど、余裕がなさ過ぎて視野が狭くネガティブに物事を考えてしまう。ようはプレッシャーに弱いのかな?
[2010/04/23 13:35] よう来なさった!
おおきく振りかぶって ~夏の大会編~1 【完全生産限定版】 [DVD]クチコミを見る 1死一・三塁で回ってきた三橋の打席。百枝このチャンスを活かすべく、三橋にヒッティングの指示を出す。 一方、三橋は、投手の負担が軽くなるように"コールド勝ち"を狙うチームに少しでも貢...
相手は桐青に勝ったチーム。でも、諦めたくない!「野球シンドイ」あらすじは公式からです。1死一・三塁で回ってきた三橋の打席。百枝このチャンスを活かすべく、三橋にヒッティン...
[2010/04/23 16:40] おぼろ二次元日記
 俺もコールド、参加したい!  そう思いながら、打席に入る三橋。  そして彼なりに打った打球はいい当たりだったものの、サードのファイ...
3回戦の崎玉との試合も中盤佳境に入ってきました。 西浦はコールドできるのか?花井は四番の役割をこなせるのか? 色々目が離せません!
おおきく振りかぶって ~夏の大会編~ 第4話、「野球シンドイ」。 原作は未読、1期は視聴済です。 3回戦・崎玉高校との対戦。 今回は4回...
崎玉のあのキャッチャーはもしかしてキャッチャーよりも外野の方がいいんじゃないのか?野球詳しくないけど。肩はあっても性格的にピッチャ...
[2010/04/23 20:41] 蒼碧白闇
花井の期待と重圧。痛いほどにわかる描写が上手い。
「俺が頼りねぇからか? 怪我してても田島の方が頼りにされんのか?」 4番のプレッシャー 花井君にとっては試練の試合になりそうですね… ...
[2010/04/23 22:22] WONDER TIME
 今回も崎玉戦が続きます。西浦は目標どおりコールドを達成することはできるんでしょうか…?
[2010/04/23 23:56] コツコツ一直線
不協和音と、コンプレックス。
[2010/04/24 00:10] 光速アニメ感想記
おおきく振りかぶって~夏の大会編~ 第4話 「野球シンドイ」コールドを勝ち取るために一致団結している西浦ナインしかし、その影で1人プレッシャーと戦う男・花井そして後が無...
[2010/04/24 04:43] SOLILOQUY
1死一・三塁で回ってきた三橋の打席。 百枝このチャンスを活かすべく、三橋にヒッティングの指示を出す。 一方、三橋は、投手の負担が軽...
[2010/04/24 07:58] ひえんきゃく
阿部君、鬼畜すぎてワロタwww おおきく振りかぶって ~夏の大会編~ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/06/23)代永 翼中村悠一商品詳細を見るお...
[2010/04/24 14:06] HISASHI'S ver1.34
★★★★★★★★★☆(9:素晴らしい!) 「よし、今日は俺にできる最高のプレイを後輩に見せてやろう」 酒飲みながら観てたせいか気づい...
[2010/04/24 15:00] サボテンロボット
野球の奥深さ―
[2010/04/24 16:35] wendyの旅路
点を入れたいという強い思いのもと、三橋はバットを振り切る。 その打球は三塁線に飛ぶが、サードが好守。ファーストへギリギリのタイミングであったが、三橋必死のヘッドスライディングもアウト。 ヘッドスライディングは怪我の危険が高まるため阿部イライラw
[2010/04/24 19:56] 本隆侍照久の館
おお振り夏は埼玉に内紛の流れだけど 今回は埼玉メイン市原の苦悩だったが 花井も4番で田島の事で焦り気味だし モモカンのライバル...
[2010/04/24 21:43] 別館ヒガシ日記
アットホームチーム
崎玉0-2西浦。西浦の攻撃。市原くんがチームメイトに優しく接する小山くんに不満爆発!? 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて...
プロフィール

馬鹿侍

Author:馬鹿侍
永遠の理系院生だと思っていましたが、気付いたら会社通いをしていました。というかもう4年目になってしもうた。
オタク、糜男子見習い(?)、ついでに野球人の馬鹿侍(♂)がアニメ感想とか漫画感想とかやらかしてます。

該当話に関するネタバレ、あらすじ紹介とかはありですのでご注意を。

カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
484位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
青年向けコミック
29位
アクセスランキングを見る>>


ブログパーツ